VRについて~VRゲームのプラットフォーム。

スクリーンショット 2016-06-26 22.04.42
On 2016-06-26 by Oplan

どうも,Wilsonです。

 

5/30~6/3台北のcomputex(台北国際コンピュータ見本市)に行ってまいりました,

数回にわたって自分の感想をここでまとめてみたいと思います。

専門の記事は他でもいっぱいあるので,

あくまでも自分が見て感じたもの。

 

まず,今回は今年のテーマ

VRについて~VRゲームのプラットフォーム。

 

まずゲーム向けVR HMDは主にHTC Vive、Oculus Rift(NVIDIA社のブースに),両者とも2016年4月リリースした製品です。2016年10月リリースする予定のPlayStation VRに加えVR御三家になる予定です。PS、DC、N64のコンソール大戦,Wiimote、Kinect、PS moveの争いを思い出せますね。

 

Oculus Rift HTC Vive Playstation VR
リリース 2016年4月 2016年4月 2016年10月予定
価額(ドル) 599 799 399
解像度(片目) 1080*1200 1080*1200 960*1080
プラットフォーム PC、コンソール

(Xbox)

PC コンソール

(Playstation)

 

Oculusが市場シェアを占めるために,Facebookに買収された後(2016年6月),独占ゲームの噂が後を絶たない。将来Xboxのコンテンツが入ってき後,大きく化けると思います。

 

スクリーンショット 2016-06-26 22.04.42

2016年Computex、Nvidiaにで

 

HTC ViveはPC一本筋だけど,後ろにはValve(共同開発)がついています。世界一番大手のダウンロード販売プラットフォームSteamをうまく活かせば,このまま一気にPCシェアを取るのも夢じゃない。

 

スクリーンショット 2016-06-26 22.06.41

2016年Computexにで,鳥になって街中に飛び回るのVRゲーム

 

Playstation VR,これはね, PS4のVR環境のためのVR。HMZ-Tx?もうどうでもいいよ。相変わらずだね,Sさん。

 

台湾、香港にはもうVRネットカフェもありました,それぞれ50分800台湾ドル(約2,500円)と30分120香港ドル(約1,600円)。買う前に体験したい人はまず一回試してね!けどね,ここで以前WiiやKinectの時と同じ問題が出てきます。「そんなにVRゲームを遊びたい人、いる?」これは次回また、「VRについて~VRのコンテンツ」で書きましょう。

FacebookTwitterGoogle+Share

COMMENTS

em

psvrはFFXVでVR使ってみたいがために買っちゃいそうっす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です