預言者タイムリープしてきた説

087
On 2016-10-02 by Oplan

「Re:ゼロから始める異世界生活」というアニメに今更ながらはまっている、らりあんです。
このアニメの主人公は死ぬと過去のある地点まで世界が戻り、自分以外はその地点から自分が死ぬまでの間の記憶を完全にリセットされるという能力を持っています。タイムリープかどうかと言われると何とも言えませんが、まぁ似たような能力ですよね。タイムリープを題材にしているものは結構好きで、ほかにも「シュタインズゲート」というアニメや「バタフライエフェクト」という洋画もお気に位入りの作品です。

 

タイムリープってどんな事だろうと考え始めたら頭がおかしくなっちゃいそうだったので、ここでまとめることでもう考えるのをやめたいと思います。以下にどんなことを考えていたのかをつらつら書いていきます。

 

世で言うタイムリープというものは、簡単に言うと時間を飛び越えるってことです。まんま日本語訳するとこういう意味ですね。過去に戻って自分が経験した未来とは別の未来を歩める、といった感じです。

 

自分はこれを過去に戻るというよりパラレルワールドに移動した、という様なイメージで捉えています。並行世界ってやつです。コンビニで自分がパンを買った世界と、何も買わなかった世界。これだけだと大した違いはないように見えますが、たったこれだけの違いで未来は大きく変わる可能性があるのです。この思想というか現象のことをバタフライ効果と呼びます。

 

これはもともと気象学者の「ブラジルの一匹の超の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こすか」という問いかけに由来しています。どういうことかというと、パンを買った世界ではその後パンを食べながら車を運転したことで不注意になり、赤信号に気づかず車で人を撥ねてしまいます。何も買わなかった世界ではその人が撥ねられることはありません。これだけでも大きな違いだと思いますが、もしかしたらその撥ねてしまった人はある国の要人でそれが原因で国同士の戦争に発展してしまうかもしれません。戦争で核が使われ、地球から人間が消えてしまうかもしれません。このようにたった一つの小さな違いがその後の現象に大きな違いを与えることをバタフライ効果と呼びます。

 

話はそれましたが、タイムリープが出来るということはパラレルワールドを移動でき、自分にとって一番都合の良い世界を選択することが可能なのです。

ここで問題となるのが、「Re:ゼロから始める異世界生活」のように記憶を維持したまま移動できるのか否かです。

もし記憶を維持できずに移動していると考えた場合、今いるこの世界は既に自分が選んだ最適の世界の可能性が出てきますよね。過去に起こった嫌なことも全てが最適であって、ほかのパラレルワールドではそれよりもっと嫌なことが起こっていると。

この世界で自分に起こっていることが、全て最適な結果だという可能性が出てきます。こうなると、もう現状を最高に楽しむしか選択肢がないんですよね。わくわくしてきます。この先起こること全てがどのパラレルワールドにいる自分より良いことなんのです。夢が広がりんぐです。

 

じゃあ逆に、記憶を維持して移動できる場合はどうでしょう。

あなたに世界を移動した記憶がありますか?自分はないです。

じゃあこの世界に移動してきて最高な世界を手にしたのは自分ではなく誰かですよね。

今いる世界はその記憶を持って移動してきた人を中心に回っているのです。

その人にとって都合の良いことばかり起こるような世界なのです。もうどうしようもないですよね。

あなたが起こす行動の全てはあなたではなくその記憶を持った誰かにとっていい結果を引き起こすのです。やる気も出ません。未来への希望も無くなります。

だって何をしても自分ではなくこの世界に移動してきた誰かが一番得をするように出来ているんですもの。

じゃあその記憶を持った誰かって誰だ?という話になりますよね。

だってその誰かがうらやましくて仕方ないじゃないですか。

もし仮に、あなたに記憶が残っていたら、言いません?私なら絶対に言いますね。未来を予言する事も可能なのですもの。

しかもその予言しまう行為すら怪しまれずに崇められる世界のはずですからね。

だって何をしても自分に都合のいい世界だから。

ここで、あれ?となるんですよね。予言者って呼ばれている奴っていなかったっけ、と。

その人々はタイムリープという特殊な能力を使用して予言たるものを行ってるのでは?

 

四連休の間ずっとこんなことを考えていて、頭がおかしくなりそうでした。

後半に行くにつれて、文の書き方も崩れてきたのは頭がゆるゆるしてきたからです。ではこの辺で。

ちなみにタイムリープとかないので安心してください。(笑)

FacebookTwitterGoogle+Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です