ご利用は計画的に

はじめまして、たかゆきです。

寒い日が続くので、そうめんの話でもしようと思います。

余ったそうめんを活用!って何?

なんかテレビやらで「余ったそうめんを活用した簡単レシピ!」みたいなのあるじゃないですか

余りますか?あれ。

実際はどれくらい需要のある番組かわかりませんが、当たり前のように余る前提で話進めてますよね。

別にそうめんに限りませんけどね。

必要以上に食材を家にストックして使いきれないなら、最初からそんな量買わなきゃいいじゃんって話です。お歳暮という名の販促日に「贈り物だから」みたいなストーリーテリングに騙されなきゃいいじゃんって話です。

仕掛かり在庫より手元にキャッシュを

家に食品の不要なストックがあるというのは、お金の使い方が上手な状態じゃないと思うわけです。

まとめ買いで割安な気がしてしまうとか、そういうところで不要なものにまでお金を落としてるんですよね。

ジャストインタイムとか、そういう考えになってないわけです。

なので冷蔵庫内(=倉庫)の食品(=仕掛かり在庫)を減らそう、使うとわかっている量だけ仕入れよう、みたいな考え方の方がいいはずです。

手元にキャッシュで残した方が融通効くのでね。

…真面目なお話になってきましたよ!

つまりまとめるとこうなります

広告や営業に騙されて大量に買い込んで、狭くなると広い部屋に引っ越すとか、冷蔵庫を大きいものに買い換えるとか、それもオススメしません。

倉庫を在庫が埋め尽くしてるから、もっとデカい倉庫にしよう!的な固定費のかけ方をすると、戻すのが大変だと思うんですよ。

在庫を持たないように、っていう方向で考える方がいい気がします。

お金が余ってるような人はいいですけど、買わせる側のポジショントークが消費者にとって正解かどうかはあやしいところですしね。

つまり今回のブログで何が言いたかったのかをまとめると、

『そうめんはおいしい』となります。

素晴らしくわかりやすくて素敵ですね。

私の真面目さが溢れ出すことで自己紹介も兼ねているという、初回のブログにふさわしい内容だったのではないでしょうか。

2回目以降があるかどうかは知らないですけどね!