食事

灼熱バトル!

どうも、みくたです。
最近仕事で中国の方と関わっており、その関係か(?)辛いものを食べる機会が増えました。
本場、四川の料理とかすごいらしいですね。
普通に頼めば何かしら真っ赤な料理が出て、そしてその辛さがとんでもない…
味も感じず、ただただ痛いそうです。
ちなみに私は辛いものが苦手なので、興味本位で少し食べては
「ひぃいいいいいいい」
と水を飲み、「あれがフードファイターなのか…」とか思って普通のを食べてます。
(汗だくで自分の限界の辛さに挑戦する姿は正にファイターだと思います)
あ、でもワサビとかは大好きなんですよね。

 

さて、そんな赤い料理に使われる食材が、みなさん(だれ?)大好き唐辛子。
日本では「鷹の爪」などが馴染み深いですし、ハバネロなんかも有名ですよね。
その唐辛子に含まれる”カプサイシン”という成分が主に辛味を感じさせているのですが、
辛さの単位があるらしいのです!

 

その名も「スコヴィル」!
その計測方法は、
”辛みを感じなくなるまで砂糖水で薄めた時の希釈倍率”
だそうです。
1万スコヴィルなら
「辛さを感じなくなるには砂糖水で1万倍に希釈する必要がある」
ということですね。…逆に甘すぎて気持ち悪そう。
そして曖昧な気が…?

 

まぁそんなスコヴィル値で「どれが辛い〜」とか決めているようですが、
鷹の爪などは約4万スコヴィル、有名なハバネロは約30万スコヴィル、
ギネスで一番辛い唐辛子として登録されているキャロライナ・リーパーは約200万スコヴィルらしいです。

『キャロライナ・リパー』
blog01

 

DB並みの火力のインフレに、もはや凄さを感じないのですが…(所為ヤムチャ視点)

 

ちなみに唐辛子に限らず一番辛い食品は”Blair’s 16 Million Reserve”というソースらしいのですが、
(デスソースというジャンルらしいです)
その辛さ、なんと脅威の1600万スコヴィル!!
あまりの辛さに
・手袋とゴーグル着用必須!(皮膚に触れると火傷したり目に入ると失明)
・そのまま直接食べると死亡!
…毒物かな?
ちなみに食べ方は、米粒大の結晶をスープなどに溶かすそうですが
それでももう食べられたものでは無いそうです。

『ペロ・・・これはデスソース!!』

blog02

 

さてさて、こんな日記のような感じで終わるのもしょぼいので雑学でも。
カプサイシンには様々な効能があります。
有名なのはアドレナリンの分泌。
体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き
副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促すそうです。
辛い物好きはこのせいで脳内麻薬ドバドバで感覚麻痺してるんだと思います!(確信)
ちなみに辛い物とコーヒーやタバコを同時に摂ると
アドレナリンと相互に作用を増強させ、心臓に負担をかけたり精神錯乱、
最悪突然死するそうです…^^;

 

また、アドレナリンにはストレスと闘うはたらきがありますが、
あまり過剰に分泌されると大脳辺縁系の扁桃体や海馬が損傷を受け、
パニック障害やウツ、睡眠障害などの精神疾患をわずらう場合があります。
これらの症状は『火病』(ファッピョン・ファビョン)と呼ばれており、
日常的かつ大量に唐辛子を摂取する韓国人特有の精神疾患のひとつとして数えられています。
よく「ファビョる」なんて言いますが、これが語源らしいです。
(キムチちょっと減らせばいいのに…)

 

また、近年カプサイシンには他の物質との同時摂取で発がん性を持つことが研究によって明らかになりました。
Capsaicin consumption, Helicobacter pylori positivity and gastric cancer in Mexico.

 

韓国の胃がん発生率が異常に高いというのだから信憑性は高いですよね。
(キムチちょっと減らせばいいのに…)

 

と言っても、紫外線などと同じレベルであり、タバコやアルコールのほうがよっぽど発がん性が高いですね。
そもそも発がん性が無い物質というのは「カプロラクタム」というナイロンの原料ただ一つのみのようなので、
そんなに心配することはないでしょう。(普通の範囲の量ならば)

 

参考:

Wikipedia:「IARC発がん性リスク一覧

 

ふぅ!これだけいろいろ書いてネガティブなものばかりでしたが、もちろんいいこともあります!

 

前述のアドレナリンの分泌は、ストレスの抗体になりますので適量ならばストレス解消
(と厳密に言えるかは別として)になるでしょう。
また、カプサイシンは胃粘液の分泌を促進して胃の健康を促進する効能があります。
「辛い物は胃に悪い」というイメージがありますが、実は胃に良いみたいですね。
ただし適量なら!目安は1日小さじ3分の1程度らしいです。

 

また、唐辛子は殺菌作用があるため、食中毒予防や、米櫃に入れて虫除けなんかに使ったりしますよね。

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し
薬も過ぎれば毒となる

 

何事も適量ですね。
あ、ちなみに、

 

体脂肪を燃やすなどのダイエット効果、健康増進効果があると俗に言われているが、国立健康・栄養研究所によれば、
経口摂取によるカプサイシンの有効性に関して、ヒトでの信頼できるデータは見当たらない。

 

らしいのでダイエットにはならないようなので注意してくださいね!(誰にとは言いませんが!)
ではまた…

食を覗く

どうもー。みくたです。
今回も予定を無視してミーハーなお話をひとつ。
私最近仕事中にグミやらガムやらエナジードリンクやらを常用してるのですが、
そういうものの原材料とかってついつい見ちゃいますよね。
よくわからない名前の材料って検索して調べたりするのですが、
そこで気にした方がいいなーと感じたので書き連ねることにします。

 

さて、加工品のほとんどに使われる食品添加物

あまり健康にいいイメージがないですが、本当に危ない物も多いようです。
その中でもスクラロースとアスパルテーム、この二つを聞いてピンときますか?

これらは人工甘味料として、様々なもの、最近では特にダイエット炭酸飲料など、
ゼロカロリーなどと謳うものにはほぼ含まれています。
ではこれってどんな材料なの?というと

 

○スクラロース
“砂糖の600倍の甘さを持つが、
砂糖のように体内で炭水化物として消化、吸収はされないため、
生理的熱量はゼロである。
スクラロースを摂取しても、24時間後にほぼ100%が
代謝・分解されることなく排泄されるため
血糖値やインスリン値にも影響を与えない。”
Wikipediaより抜粋

 
これだけだとなかなか便利な代物。しかし・・・?

農薬の研究・開発中に偶然見つかった化学物質との噂。(事実関係は不明)
動物実験では、
・成長の遅れ
・赤血球の減少
・甲状腺の働きの衰え
・マグネシウムとリンの欠乏
・肝臓、脳 肥大
・肝臓細胞異常
・卵巣収縮
・白内障の可能性が高まる
など身体・臓器への様々な異常が発生。
とかなんとか。
○アスパルテーム
“ショ糖の100〜200倍の甘味を持つ。
経口摂取されたアスパルテームの大部分が分解も代謝も受けずに体外に排泄される。
アスパルテームとアセスルファムカリウムを1:1で併用すると甘味度が40%強化され、
甘味の立ち上がりが砂糖に近くなる。”
wikipediaより抜粋

 
ちなみに製法を開発したのは味○素で特許も持っているようです。
さて、こちらも似たようなもの。しかし・・・?

摂取によって以下のような症状が出ると言われている。
・目の痛み、閃光視、かすみ、トンネル視
・眼球突出
・聴力減退
・頭痛、偏偏頭痛
・不安、動揺、物忘れ、多動症
・高血圧
・下痢、血便
・月経不順
などなど

 

「え、そんな危ないの?」

というような情報が多数出てきますが、正直噂に尾ひれがついたようなものが多いのです。

スクラロースの動物実験の結果に関しては、「大量に摂取させた場合」のようです。
そりゃどんなものでも大量に摂取すれば何かしらの異常が出るでしょう・・・

アスパルテームの症状は「噂されている」程度のものを盲目的に信用したような記事が多いです。
さらにはアスパルテームが認可された背景には、
「FDA(アメリカ食品医薬品局、日本の厚生省にあたる)が
やっきになって有害性を実証しようとしたにも関わらず、
結局問題点は見いだせず、認可せざるを得なかった」
という情報がありました。

 

ということでこういった人工甘味料の危険性については「判らない」というのが現状のようです。
まぁ気になっちゃうとあまり摂取したくはないですよね・・・
ただし、個人的に危険だと思う点はあります。
それは、カロリーがほぼ無いという点。
何が危険かというと、
「甘い物を摂取しているのに、身体はその満足感を得られず、
結果として摂取量が増えてしまったり、他の甘いもの摂取してしまう。」
ということです。

 
例えるなら(メカニズムは違いますが)

・オレンジジュースなどを飲むと喉が渇く
→水分を摂っているつもりでも、水分保有量が少ないことと甘さのせいで口渇感が強まる

といった感じ。
人間はエネルギーを燃焼して活動します。
そして人間の体は甘いもの=エネルギーと判断するため、
「甘いものを摂取したのにエネルギーが足りない。おかしいぞ?」
となり、さらに欲してしまうようです。
大量に摂取すれば、実験通りに症状が出る可能性が高まりますし、そもそもその成分以外にも
多種多様なものが入っているため身体に悪いことは実験しなくても明白ですね。

 

と、自分で出した情報を自分で否定する、よく意味のわからない記事になりましたが、
今回言いたかったことをまとめると

・情報は様々な角度から見てよく確かめましょう。
・結局甘いものはほどほどに!

ですね。どこかの社長さんはダイエットを宣言してましたが、ゼロカロリー飲料とかはあんまり意味ないゾ!

 

ちなみに蛇足ですが、低カロリーの甘味料としては個人的に「ステビア」がオススメです。
こちらは観賞用にもなるハーブなのですが、ショ糖の300倍の甘さを持ち、様々な健康的効能が認められています。
・血圧を下げる
・血糖値を下げる
(スクラロース・アスパルテーム・ステビアの比較では、
ステビアは他の2つに比べ血糖値とインスリン値の両方が下がったという研究があり、
実際に糖尿病治療に使われているようです。)
・緑茶の5倍の抗酸化力がある
などが実証されています。

 

私も家庭菜園で栽培して紅茶などに入れて飲んでいました。苦味を含んださっぱりした甘味です。
砂糖の代わりにいかがでしょうか!
と最後までまとまりがなく、今回はここまで。