経済

AWSでWebサイトを構築してみる!(第2回DBサーバ構築)

こんにちは。エンジニアのだーよしです。夏は好きですが、汗っかきなのでタオルと着替えが手放せません。涼しい夏が欲しくて欲しくてたまりません・・・。

 

シリーズ2回目はDBサーバの構築をします。

前回の記事の「AWSでWebサイトを構築してみる!(第1回 インフラ構築)」はこちらhttp://blog.oplan.co.jp/archives/328

 

今回導入するのは、世界で最も普及しているオープンソースのRDBMSと言われるMySQLを導入!では、早速やってみます!

 

1. MySQLのインストール〜起動

Linuxのパッケージ管理ツールであるyumを使用してインストールを進めます。以下のコマンドでMySQL ClientとMySQL Sharedをインストール。

 

# yum install mysql

 

次に、MySQL Serverをインストール。

 

# yum install mysql-server

 

MySQLをインストールしただけでは使うことができません。

まず、システム起動時のサービスの自動起動、停止を設定します。

 

# chkconfig mysqld on

 

chkconfigコマンドで確認します。

 

# chkconfig

 

 

 

以下のように設定されていることを確認します。

スクリーンショット 2016-08-18 14.31.39

 

いよいよMySQLサーバの起動!

 

# /etc/init.d/mysqld start

スクリーンショット 2016-08-18 14.33.28

2. MySQLのrootパスワードを変更

MySQLのrootパスワードを変更します。(そのままだとセキュリティ的に良くないので)

まず、MySQLにroot権限でログインする。

 

# mysql –u root

 

MySQLのユーザ情報が管理されている「mysql」データベースを使用します。

MySQLでは、databeseが複数存在し、databeseにtableが紐付いているイメージです。

 

> use mysql;

 

ユーザ情報は「user」テーブルにて管理されています。rootユーザの情報を管理しているレコードを更新してパスワードを変更します。(xxxは設定したいパスワードを設定すること)

 

> update user set password=password (‘xxx’) where user=’root’;

スクリーンショット 2016-08-18 14.35.34

MySQLのrootパスワードが変更されたかどうか、再度ログインして確認しましょう。

 

> Quit

# mysql –u root –p

スクリーンショット 2016-08-18 14.36.21

 

「Enter Password」にてパスワードを入力してログインできたら確認完了です!

 

 

これにてMySQLのセットアップは完了!思ったより簡単にできますね!

実際にWebサイト等で使用する時はユーザを作成したりdatabeseを作成したり必要になると思いますが、そのうち説明していきたいと思います。

 

次回はWebサーバ構築をやりたいと思います。まだまだ構築は続きます!

tchau!!!

あの子のスカートの中には何もいませんよ

どうも、みくたです。

 

最近駅では歩きスマホの注意喚起がよく流れますね。
他の方とネタがマル被りですが、せっかくなので
その原因となっているであろうポケモンgoのお話でも。

 

さて、大流行のポケモンgo。
周りを見渡せばトレーナー達が一心不乱にボールを投げています。
また、社会への影響も絶大のようで。

 

ウォーキング用のシューズがバカ売れ!
鉄道会社が施設内にポケモンを出さないよう申請!
うつ病が改善!
引きこもりが外に出た!
スマホの電池が減りまくる!
お米食べろ!

 

などなど、奇跡を起こし続けるポケモンgo。
私もその奇跡にあやかりたくプレイしておりますが、自宅付近のポケモン達↓
IMG_1088

……ダメだこりゃ\(^o^)/

自然界にはほとんど生息せず、街中ばかりに出現する生き物って…

 

一説によると、田舎でのプレイは絶望的のようで、
都会に出ないとまともにプレイできないようです。
しかし、生粋の引きこもリストの私は考えてしまうわけです。

 

…ピーン!(そのとき情弱に電流走る)
擬似ロケーション使えば家の中でもできるよね・・・?

 

早速調査調査!
あっ、疑似ロケーションとは実際の位置情報とは違う位置情報を端末に認識させる、
開発者向けの機能です。

 

……「疑似ロケーションを使っていると、位置情報を取得できなくなる」…だと…?
初手絶望とはこのこと。
っとここで終わってはこの記事を書いている意味がないのでもう少し調べてみます。

 

どうやらポケモンgoでは位置情報が偽装されている状態を読み取って
制限をかけているようです。まぁ当然ですね。
ちなみに海外でのリリース当初はこの疑似ロケーションによるポケモンの乱獲が横行したため、厳しくなっている模様。

 

しかし、制限があればあるほどやる気になるのがエンジニアのようで(?)
その制限をかいくぐり、更にかいくぐるだけではなく完全に別ゲーにしてしまうようなカスタムアプリが多数制作されているようです。

 

名前は出しませんが(理由は後述)、以下のようなカスタムがあるようです。
・地名などを入力し、その地点に飛べる。
標準的な疑似ロケーションアプリですね。

・ゲーム内の地図の地点をタップするとその地点まで移動していく。
昔のネトゲの移動方法のように移動できます。

・画面内にJoystickを表示して、それをグリグリ動かしてキャラクターを操作する。
…完全に別ゲーです。

ちなみにほぼ全てがJailbreak/root化が必要です。
う〜む…どれもすごくて試してみたいですが、残念ながら

公式のガイドラインにて疑似ロケーションは禁止されているようです

 

…当然ですね。(2回目)
これがアプリの名前を出さない理由ですね。
そういったアプリを利用することはお勧めしません。
まぁ、実際そんなことするのなら「普通のポケモンやれば?」となりますよね。
(さてさて、調査したはいいものの「元々禁止されてるよ」という始めに気づくべき結果で
終わってしまいましたので話題をすり替えて誤魔化すことにします。)

 

今回調査したカスタムアプリですが、禁止されているもののやはり利用する人はいます。
それによりBANされた人もいるようです。
また、少し違う話になりますが、リリースされる前から
「歩きスマホ推奨ゲー」
と揶揄されていたものの、実際のアプリは、
・スマホを掲げた状態から下げると画面が消える
・その状態でもポケモンが出現したらバイブで知らせる
という、画面を見なくてもプレイできる仕様となっています。

 

疑似ロケーションの利用や歩きスマホなどは
利用者のモラルやリスク管理能力の問題なのに、
あたかもその”モノ”が悪いように言われているのはかわいそうですよね。
これはポケモンgoに限らず様々なことに言えます。
広い視野や色んな角度から物事を考えられるといいですね!

 

みなさんもモラルやルールを守ってポケモンマスターを目指してください!
(いい話風に〆られたかな…)

 

あ、あとモンスターボール型のモバイルバッテリーとかあると売れると思います。

ポケモンGOの経済効果

どーも。らりあんです。

ポケモンって、日本で知らない人はいないのではないかと感じるほど有名なコンテンツですよね。

ドラえもんやサザエさんと同じくらいの知名度だと思っています。

 

私が初めてポケモンを触ったのは幼稚園年中のときに買ってもらったピカチュウ版でした。

これは少し前に出たレッドやグリーンとは違い、最初のポケモンを3匹の中から選べないんですよ。

もう強制でピカチュウを連れて行かされるんですよ。

しかも文字通りついてくるんですね。ずっと主人公の後ろをついて歩くんですよ。

これが最初はうっとうしくて、ピカチュウをどっかに預けようとすると悲しい顔するんですよね。

まぁこれが可愛くって可愛くって。

 

自分の思い出話はこの辺で終わらせて、タイトルに沿ったお話をしたいと思います。

 

最近話題ですよね、『ポケモンGO。ニュースでもよく耳にします。

やれ指名手配犯を見つけただの、入ってはいけないところにポケモン欲しさに入ってしまっただの。社会現象になっているといっても過言ではないと思います。

まぁ海外での話ですけど。

 

このポケモンGOというのはスマートフォンで遊べるアプリでして、その配信は日本ではまだ行われていないんですね。

不思議ですね。

なんで日本発のゲームが日本より先に海外でリリースされてるのって話ですよ。まぁそこにはきっといろいろな理由があるのでしょうけど。。。

 

このポケモンGOというアプリはGOOGLEの社内ベンチャーであるNiantic Labsと任天堂、ポケモン株式会社がいっしょになって作ったアプリなんですね。

まぁネット界とゲーム会のトップが共同開発したようなもんです。

 

ポケモンGOは、位置情報を使用して遊ぶゲームとなっています。

やることは簡単で、ポケモンを捕まえて、誰かとバトルする。

今までのポケモンと何ら変わりはないですよね。

ただ、何が変わったのか。

それは、今までのポケモンはゲーム内を探検し、様々なポケモンと出会いゲットし、バトルしていました。その探検する場所が、ゲームではなく現実世界になったんですね。

要するに、近所の公園にポケモンを探しに行ったりできるんですよ。

 

このアプリ、想像している何倍も人気が出ているんですよね。

リリース直後にアプリダウンロード数で1位に躍り出て、現在のアンドロイドにおけるアクティブユーザー比率ではツイッターとほとんど変わらないほどとなっています。

 

この人気であがったのはダウンロード数だけでなく、任天堂の株価もぐいぐい上がり、ポケモンGOリリース後の今月11日に任天堂の株は大幅続伸し、ストップ高となりました。

ストップ高というのは国に定められた値幅制限に基づき株価が上がりすぎた場合や下がりすぎた場合に、異常な暴騰・暴落を避けるため強制的にその価格で変動を制限することです。

ちなみに日本における値幅制限の幅はおよそ15%から30%ほどで、任天堂の株における値幅制限は約25%ほどでした。

これは単純に考えると、任天堂の株をその日持っていた人はその株を持っていただけで購入価格の1.25倍も儲かったことになるんです。

持っている資産が1.25倍になるなんてすごいことですよね。

実際、国がそれ以上上がると暴騰だと認めているようなものですしね。

 

じゃあなぜ任天堂の株価がここまで上がったか、流れ的にポケモンGOのおかげですよね。

でもそれだけじゃないんです。現在日本ではアプリがヒットすると同時に株価がぐんと上がる傾向があります。パズドラしかりラブライブしかり。

でもそれは単にアプリのダウンロード数が上がったから株価が上がったわけではないんですよね。

それによってその会社が多大な収益をあげるであろうと、株を購入した人、購入しようとしている人がいるから上がっているんです。

 

ポケモンGOは基本プレイ無料ですが、ちゃんとお金を儲けるシステムもあるんです。

ポケモンGOではルアーモジュールというアイテムを有料で販売しております。このアイテムを購入し設置すると、30分間近くでポケモンが発生するようになるんですね。

このシステムの何がすごいってユーザー個人だけでなく、土地を使い商売をしている人からもお金を集めることができるのです。

この記事の最初のほうでも話したように、今やこのアプリのユーザー数は莫大な数おり、そのユーザー全員の目的はポケモンをゲットすることです。そのために入ってはいけないところに入ったり、問題になるほど人が一か所に集まったりします。

じゃあ人を呼びたいお店がルアーモジュールを使って、自分のお店をポケモンがたくさん出る場所にしたらどうでしょうか。

人がたくさん集まりますよね。

このシステムはそうやって集客を目的としている会社にもお金を投資させることができるんですよね。

だからお金が集まるんですよ。株価が上がるんですよ。

こういうことに早いうちから目をつけられるようになるときっと自分のところにもお金が集まるようになるんだろうなと思います。

 

何が利につながるかを見極められる目を持つことが成功のカギになるんだろうから、こういった情報には常にアンテナを張っていけたらなって。

今日はこの辺で。

 

画像 : Pixabay

AWSでWebサイトを構築してみる!(第1回 インフラ構築)

こんにちは。エンジニアのだーよしです!

 

簡単にインフラ構築ができるAWS(Amazon Web Service)で、Webサイト(データ登録、検索)を構築してみたいと思います。

 

今回は、OS構築までやっていきます!

 

1.AWSって何?

アマゾンが行っているサービスの名称。WebシステムやWebシステム開発者向けに大量の機能が用意されており、サーバと機能を組み合わせることで質の高いWebサービスの提供を行えるサービス。簡単に言うとインフラをクラウドで構築できちゃうサービス。

アマゾンはネット販売のアノAmazonです。

 

 

2.Linuxを構築してみよう

アカウント登録後、Linuxを設定してみましょう!

(アカウント登録は割愛させていただきます)

 

・AWSのメニューから「VPC」を選択

スクリーンショット 2016-07-09 19.15.10

 

・「VPC」を選択

スクリーンショット 2016-07-09 19.16.41

 

・「VPCの作成」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.17.43

 

・ネームタグ、CIDRブロックを入力し、「作成」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.18.40

 

・VPCが作成されたので、「サブネット」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.19.56

 

・「サブネットを作成」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.22.48

 

・必要情報を入力し、「作成」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.24.02

 

・サブネットが作成できたので、「ルートテーブル」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.25.10

 

・「ルートテーブル」の作成をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.26.12

 

・必要情報を入力し、「作成」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.27.09

 

・「インターネットゲートウェイ」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.29.33

 

・「インターネットゲートウェイの作成」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.30.34

 

・「作成」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.31.29

 

・「VPCにアタッチ」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.32.13

 

・ルートテーブルをサブネットに割り当てる

スクリーンショット 2016-07-09 19.33.04

 

・関連付けにチェックをし、「保存」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.33.54

 

・ルート→「編集」ボタンをクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.34.43

 

・別ルート情報を入力し、「保存」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.35.22

 

・メニュー画面で「EC2」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.36.20

 

・「インスタンスの作成」をクリック

スクリーンショット 2016-07-09 19.37.07

 

・『Amazon Linux AMI』を選択し、順次必要な情報を設定していく

スクリーンショット 2016-07-09 19.37.53

スクリーンショット 2016-07-09 19.38.21

スクリーンショット 2016-07-09 19.38.48

スクリーンショット 2016-07-09 19.39.14

スクリーンショット 2016-07-09 19.39.41

スクリーンショット 2016-07-09 19.40.09

 

無事インスタンスが立ち上がりました!

これでLinuxサーバを触れるようになったはず。

スクリーンショット 2016-07-09 19.40.58

 

サーバ構築っていうとCUIでコマンドを叩いていくイメージですが、Webページで完結しているので誰でも簡単に作れちゃいそうですね。

時間があれば、単語や設定値の説明ができたらいいなと思います。

次回はDBサーバの構築になります!!!

次回もよろしくお願いします。

 

 

3.最後に・・・

コマンド:ssh –I keyペアファイル名 ec2-user@パブリックアドレス

※keyペアファイル名:インスタンス作成時に生成したキーファイル

パブリックアドレス:インスタンス情報に記載されている接続先IPアドレススクリーンショット 2016-07-09 20.02.33

SSHでの接続が確認できたので、本格的な構築ができそうですね!

 

 

Top画像:Designed by Freepik

VRについて~VRゲームのプラットフォーム。

どうも,Wilsonです。

 

5/30~6/3台北のcomputex(台北国際コンピュータ見本市)に行ってまいりました,

数回にわたって自分の感想をここでまとめてみたいと思います。

専門の記事は他でもいっぱいあるので,

あくまでも自分が見て感じたもの。

 

まず,今回は今年のテーマ

VRについて~VRゲームのプラットフォーム。

 

まずゲーム向けVR HMDは主にHTC Vive、Oculus Rift(NVIDIA社のブースに),両者とも2016年4月リリースした製品です。2016年10月リリースする予定のPlayStation VRに加えVR御三家になる予定です。PS、DC、N64のコンソール大戦,Wiimote、Kinect、PS moveの争いを思い出せますね。

 

Oculus Rift HTC Vive Playstation VR
リリース 2016年4月 2016年4月 2016年10月予定
価額(ドル) 599 799 399
解像度(片目) 1080*1200 1080*1200 960*1080
プラットフォーム PC、コンソール

(Xbox)

PC コンソール

(Playstation)

 

Oculusが市場シェアを占めるために,Facebookに買収された後(2016年6月),独占ゲームの噂が後を絶たない。将来Xboxのコンテンツが入ってき後,大きく化けると思います。

 

スクリーンショット 2016-06-26 22.04.42

2016年Computex、Nvidiaにで

 

HTC ViveはPC一本筋だけど,後ろにはValve(共同開発)がついています。世界一番大手のダウンロード販売プラットフォームSteamをうまく活かせば,このまま一気にPCシェアを取るのも夢じゃない。

 

スクリーンショット 2016-06-26 22.06.41

2016年Computexにで,鳥になって街中に飛び回るのVRゲーム

 

Playstation VR,これはね, PS4のVR環境のためのVR。HMZ-Tx?もうどうでもいいよ。相変わらずだね,Sさん。

 

台湾、香港にはもうVRネットカフェもありました,それぞれ50分800台湾ドル(約2,500円)と30分120香港ドル(約1,600円)。買う前に体験したい人はまず一回試してね!けどね,ここで以前WiiやKinectの時と同じ問題が出てきます。「そんなにVRゲームを遊びたい人、いる?」これは次回また、「VRについて~VRのコンテンツ」で書きましょう。

中国向けの越境ECの現状

どうも、Wilsonです。
今日は2016 年 4 月 8 日より実施された中国の新しい行郵税政策調整についてです。

 

中国の輸入税はとっても高い。
普通の貿易は
関税10%~20%+增值稅(付加価値税)17%+消費稅25%。
高いから
外国製品は質がよくても買えない。
経済保護の一種です。
けどどうしても買いたい需求があるから,
みんなが着目したのは行郵稅です。

 

行郵稅は個人が持ち込んだ外国製品に課する税です。
ものによって10%、20%、30%、50%になります。
しかし,
免税額があるので(一定金額以下は免税),
みんな自由貿易試験区を利用して,
(輸入した時点ではなく,このエリアに出たとき課税する)
商品を小分けして,
実質無税の貿易をやってきました。

 

ここで新しい税政調整です。
免税額は50RMBに,
15%、30%、60%に調整した。
数値から見ればピンとこない人もいると思う。
つまり実際儲かった仕事が大損になるです。

 

新しい税政は:
1.一回2000RMB以下、個人年20,000RMBの営業額は関税免税。超えた場合は一般貿易と見なす
2.增值稅、消費稅の免税額を取り消し,一般貿易の70%に調整する
3.行郵稅レートは10%、20%、30%、50%から15%、30%、60%に調整

 

結果から言うと,
食品   1.9%~11.9%増税
家電250RMB以下   11.9%増税
250RMB以上   8.1%減税
化粧品100RMB以下   32.9%増税
100RMB以上   17.1%減税

 

高価のものが有利になりそうですね。