国際

シンプルでうまくいくコミュニケーションの技術

そろそろ夏が終わり、読書の秋に。。。。私の場合は、食欲の秋かな。。。。(遠い目)どうもBUNです。

 

今回は一冊の本をご紹介したいと思います。その名も「シンプルでうまくいくコミュニケーションの技術

41zqerg6asl

出典:「https://www.amazon.co.jp/シンプルでうまくいくコミュニケーションの技術-天野-雅晴/dp/4478007810

この本は、グローバル化(海外進出もしくは海外との取引を)していく日本企業や、
既にグローバルである海外の企業のコミュニュケーションのスタイルに焦点を当てた一冊。
日本のケースとアメリカのケースを比較して、どちらがより有効なコミュニケーションが
とれているのかを考察した内容となっている。そのケーススタディから、「シンプル」
にコミュニケーションを取る重要性を解いています。

 

主な項目が「会議・プレゼン・交渉・メール・電話・交流・勉強」シンプルな
コミュニケーションがどのように生かせるか項目ごとに話しています。

 

やはり目にとまったのは、「自己主張の大切さ」でしょう。

 

本書は自己主張に大切さを訴えると共に、相手の主張を受け入れて、
お互いの妥協点を見つける。お互い腹を割って話しましょう、その上で
お互いWINWINな関係を作るのが良いとといています。

 

まったくもってそのとおり、強い共感を感じます。当たり前な事だけれども。
ざっくばらんにまとめますと。海外で働いた経験から著者自らが感じるアメリカの文化と日本の文化の違いを列記し、
日本企業もこれから海外進出をする上で他国の文化を積極的に認め受け入れることこそ、最重要のポイントだよと。
海外のコミュニュケーション方式は何であるか、アメリカ人の性格にも触れている部分があるので、
そういうのに興味がある人は読んでみるといいかもしれません。

 

日常的に使えるスキルについて深く言及しているわけではなく、座学・理論として把握しておくと、ベースとなる考え方ができますよって内容になります。

 

とても読みやすく、専門用語は皆無といっていいほどなので、読書初心者の方々にもお勧めです。

 

それでは。

 

Top画像:

著作者:Toffee Maky

台湾のゲーム開発事情

どうも,Wilsonです。

商談の手伝いで2016 digital Taiwanに行ってまいりました。

 

まず挨拶代わりにXPECの不祥事について雑談しながら、台湾のゲーム業界事情を検討する。

(意外と日本側は取り上げされていませんね)

 


XPEC M&A事件

樫埜 由昭(ビットキャッシュ株式会社 前代表取締役社長)が,2014年に作った「百尺竿頭」社の名義で,2016531日のXPEC M&A宣言による株価釣り上げ,8/30百尺竿頭がM&A(検察庁は悪意あると判断)放棄し,株価は115.5元から36(9/16)に暴落,現在調査中。


 

 

私が今回会場で見たゲームの数々は,クォリティは決して低くない,

ただし,長くやっていける開発会社はなかなかない。

原因は山ほどあります。

 

 ・そもそも台湾国内のプレイヤーが少ない

人口2,351万の学歴信仰国に何を求める?

 

・パブリッシャー(発行者)がサポートしない

よくわからないものに対し,国外の実績ある商品を輸入する方がまし。

数字だよぅ〜数字!!

 

・世界向けには文化の壁がある

日本のRPGは,JRPGという

 

・向う側に吸い取られている

強国は,無数の生贄によって築ぎ上げたもの

 

・良い監督がない

ゲームを作りたい人の殆どが技術者やプレイヤー,

技術者は技術に溺れるのが多い

 

今はsteamios/androidアプリストアでいくつの問題を改善したのですが,

展示会で見てやっぱり原石がまだ私たちの発掘を待っていると思う。

投資もしくは発行・代理・下請け発注に興味があるのお方,

どうぞご連絡を。

灼熱バトル!

どうも、みくたです。
最近仕事で中国の方と関わっており、その関係か(?)辛いものを食べる機会が増えました。
本場、四川の料理とかすごいらしいですね。
普通に頼めば何かしら真っ赤な料理が出て、そしてその辛さがとんでもない…
味も感じず、ただただ痛いそうです。
ちなみに私は辛いものが苦手なので、興味本位で少し食べては
「ひぃいいいいいいい」
と水を飲み、「あれがフードファイターなのか…」とか思って普通のを食べてます。
(汗だくで自分の限界の辛さに挑戦する姿は正にファイターだと思います)
あ、でもワサビとかは大好きなんですよね。

 

さて、そんな赤い料理に使われる食材が、みなさん(だれ?)大好き唐辛子。
日本では「鷹の爪」などが馴染み深いですし、ハバネロなんかも有名ですよね。
その唐辛子に含まれる”カプサイシン”という成分が主に辛味を感じさせているのですが、
辛さの単位があるらしいのです!

 

その名も「スコヴィル」!
その計測方法は、
”辛みを感じなくなるまで砂糖水で薄めた時の希釈倍率”
だそうです。
1万スコヴィルなら
「辛さを感じなくなるには砂糖水で1万倍に希釈する必要がある」
ということですね。…逆に甘すぎて気持ち悪そう。
そして曖昧な気が…?

 

まぁそんなスコヴィル値で「どれが辛い〜」とか決めているようですが、
鷹の爪などは約4万スコヴィル、有名なハバネロは約30万スコヴィル、
ギネスで一番辛い唐辛子として登録されているキャロライナ・リーパーは約200万スコヴィルらしいです。

『キャロライナ・リパー』
blog01

 

DB並みの火力のインフレに、もはや凄さを感じないのですが…(所為ヤムチャ視点)

 

ちなみに唐辛子に限らず一番辛い食品は”Blair’s 16 Million Reserve”というソースらしいのですが、
(デスソースというジャンルらしいです)
その辛さ、なんと脅威の1600万スコヴィル!!
あまりの辛さに
・手袋とゴーグル着用必須!(皮膚に触れると火傷したり目に入ると失明)
・そのまま直接食べると死亡!
…毒物かな?
ちなみに食べ方は、米粒大の結晶をスープなどに溶かすそうですが
それでももう食べられたものでは無いそうです。

『ペロ・・・これはデスソース!!』

blog02

 

さてさて、こんな日記のような感じで終わるのもしょぼいので雑学でも。
カプサイシンには様々な効能があります。
有名なのはアドレナリンの分泌。
体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き
副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促すそうです。
辛い物好きはこのせいで脳内麻薬ドバドバで感覚麻痺してるんだと思います!(確信)
ちなみに辛い物とコーヒーやタバコを同時に摂ると
アドレナリンと相互に作用を増強させ、心臓に負担をかけたり精神錯乱、
最悪突然死するそうです…^^;

 

また、アドレナリンにはストレスと闘うはたらきがありますが、
あまり過剰に分泌されると大脳辺縁系の扁桃体や海馬が損傷を受け、
パニック障害やウツ、睡眠障害などの精神疾患をわずらう場合があります。
これらの症状は『火病』(ファッピョン・ファビョン)と呼ばれており、
日常的かつ大量に唐辛子を摂取する韓国人特有の精神疾患のひとつとして数えられています。
よく「ファビョる」なんて言いますが、これが語源らしいです。
(キムチちょっと減らせばいいのに…)

 

また、近年カプサイシンには他の物質との同時摂取で発がん性を持つことが研究によって明らかになりました。
Capsaicin consumption, Helicobacter pylori positivity and gastric cancer in Mexico.

 

韓国の胃がん発生率が異常に高いというのだから信憑性は高いですよね。
(キムチちょっと減らせばいいのに…)

 

と言っても、紫外線などと同じレベルであり、タバコやアルコールのほうがよっぽど発がん性が高いですね。
そもそも発がん性が無い物質というのは「カプロラクタム」というナイロンの原料ただ一つのみのようなので、
そんなに心配することはないでしょう。(普通の範囲の量ならば)

 

参考:

Wikipedia:「IARC発がん性リスク一覧

 

ふぅ!これだけいろいろ書いてネガティブなものばかりでしたが、もちろんいいこともあります!

 

前述のアドレナリンの分泌は、ストレスの抗体になりますので適量ならばストレス解消
(と厳密に言えるかは別として)になるでしょう。
また、カプサイシンは胃粘液の分泌を促進して胃の健康を促進する効能があります。
「辛い物は胃に悪い」というイメージがありますが、実は胃に良いみたいですね。
ただし適量なら!目安は1日小さじ3分の1程度らしいです。

 

また、唐辛子は殺菌作用があるため、食中毒予防や、米櫃に入れて虫除けなんかに使ったりしますよね。

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し
薬も過ぎれば毒となる

 

何事も適量ですね。
あ、ちなみに、

 

体脂肪を燃やすなどのダイエット効果、健康増進効果があると俗に言われているが、国立健康・栄養研究所によれば、
経口摂取によるカプサイシンの有効性に関して、ヒトでの信頼できるデータは見当たらない。

 

らしいのでダイエットにはならないようなので注意してくださいね!(誰にとは言いませんが!)
ではまた…

iPhoneを脱獄させる脆弱性

皆さん、今晩は。技術開発部の大河です(・ω・)ノ

 

Googleニュースを閲覧していたら、気になるニュースを発見致しました。

 

即アップデートを! ワンクリックでiPhoneを脱獄させる脆弱性が見つかる』

引用先:「http://top.tsite.jp/news/technology/o/30256922/

iPhoneユーザーにとって、とても気になるタイトルですね。私もiPhoneユーザーだったので、すぐに一読致しました。

 

3種類のゼロデイ脆弱性を突いて、ワンクリックでユーザーのiPhoneの※1ジェイルブレイク(脱獄)を完了し、あらゆる操作がバックグラウンドで乗っ取られてしまう危険が指摘されています!

何が怖いかというと、バックグラウンドでの乗っ取りなのでユーザーに気づかれることなく情報を抜き取りられてしまいます。

 

事件の発端は、UAE(アラブ首長国連邦)の人権活動家のAhmed Mansoor氏のもとに届いた、不審なSMSメッセージ。同氏は「iOS 9.3.3」の「iPhone 6」を使用していましたが、今月10日と11日に、とあるリンクをクリックすれば「UAEの刑務所内で繰り広げられた拷問の実態を暴露する情報にたどり着ける」というタレコミ内容を記したSMSを送りつけられたんだとか。

 

不審なSMSのリンクをクリックする代わりに、Citizen Labへと解析を依頼。セキュリティ企業のLookout Securityの協力を得て、恐るべきiOSのゼロデイ脆弱性が判明したという経緯ですね。もし本当にリンクを踏んでしまうと、3種類の脆弱性を巧みに連動させたマルウェアが動作し、完全にユーザーのiPhoneは乗っ取られてしまいます。あらゆるメールやメッセージ、通話履歴や連絡先の情報が筒抜けになるほか、ユーザーの現在位置を把握され、パスワードも不正入手され、自由に会話を盗聴録音されてしまうという完成度の高さとされていますよ!

リンクを踏んだだけでiPhoneを乗っ取ることが出来る。これはかなりレベルの高いことらしく、これほど洗練されたサイバー空間のエスピオナージ(諜報活動)は過去に見たことがないといっても過言ではないとのこと。

 

世界ではスマートフォンからの情報収集を狙い、こうした危険なツールが暗躍しているのでしょう。既にAppleは、セキュリティ上の脆弱性を修正した、最新版の「iOS9.3.5」をリリースしています。まだアップデートしていない方は早めのアップデートをお勧め致します。

 

今後もセキュリティの精度はどんどん高くなるでしょう。しかし、そのセキュリティを破る技術も共に高くなります。パソコンでもスマホでも最新版にアップデートをする習慣をつけ、自分の個人情報を守りましょう。

 

 

 

※1:ジェイルブレイクとは、ユーザー権限(root)に制限を設けているコンピュータ(携帯電話やゲーム機など)に対して、セキュリティホールを突くなどしてその制限を取り除き、開発者が意図しない方法でソフトウェアを動作できるようにすること。また、その状態のこと。日本語で脱獄(だつごく)とも呼ばれる。

引用先:Wikipedia

リオデジャネイロオリンピック

こんにちは
営業の金澤です。

今回は「リオデジャネイロオリンピック」についてです。

オリンピックが放送されていた期間、毎日夜更かししながら
何かしらの競技を見ていました。
全体的に面白かったのですが、惨敗をするアスリートたちもいました。
1人のファンとして、感想を述べさせてください。
(あくまで僕の感想なので、気にしないでください)
例えばバレーではセットカウント「0−3」
テニスでは「0‐3」などの結果が出るかと思いますが、
1セットも取れずに負けてしまうと、応援している僕からすると
「なんだそれ」と思ってしまいます。
例えば結果が「1−3、2−3」だったら、「おしい、よく頑張った!」と
思うのですが、「0‐3」だと、見ていて面白くなくなってしまいます。
オリンピックを見ていて、こんなことを考える時が多々ありました…

僕の捻くれた考えで恐縮ですが、率直な感想でした。

4年後のオリンピックはもっと頑張れ!

 

Top画像

著作権:Vector Open Stock

日本語はプレゼンテーションに向かない言語かもしれない

どうもBUNです。

 

今回は日本語がプレゼンテーションに向いていない言語である可能性があることについて
お話できればと思います。

 

世の中では、多くの日本人はプレゼンテーションが下手なのではないかと
言われています。多くの方がシャイだから、または文化的な背景があるから、
と色々と諸説があるとのことですが、ここでは言語を切り口に話してみようかと思います。

 

かくいう私も実は、日本語でのプレゼンテーションが得意ではありません。
私は日本語以外にも中国語が話せますが、中国語を用いてプレゼンテーションを行う際は、
苦手意識がありません。私はこれに言語的な仕組みが起因しているのではないかと考えています。

 

外国語(中国語や英語)と日本語の違いは発音やらがありますが、
ここでは以下の二点を中心に話します。
・基礎文法(中国語SVO,日本語SOV)
・実は日本語の文法の自由度が高い

 

一つ例を出して文法的な違いを見てみましょう、
明日の会議資料の準備の状態について、伝える時のケース

・資料ができていない場合「明日に提出する予定の資料ができていません。」

・資料ができている場合「明日に提出する予定の資料はできています。」

 

日本語での報告を行う時、まずは結論から話せと言われるのが、日本の言語の仕様で、肯定否定が語尾に来るあまり、結論が後に来てしまうのです。

 

外国語の場合の語順は、(直訳)

・「私、作り終えていません、明日に提出する会議資料を」

・「私、作り終えています、明日に提出する会議資料を」

 

できたできていないの結果が、主語の後に来ます。
英語や中国語では肯定否定が主語の後の動詞の前に置かれ、目的語がその後である。

 

実は日本語の仕組みですが、倒置法でSVOの形を取っても意味が通じるのです。
逆に英語は禁止されています。文法が固定化されているが故に、選ぶ単語によって、
表現を表すことができるのは、語順を気にする必要がない分、決まった方向性での
言葉遊びの認識に共通点があるということなのではないかと考えられます。
(アメリカンジョークが笑える理由にも関係しているかもしれません。)

 

日本語の場合、並び替えのパターンや語順を気にする必要がある故、単語の選び方や
動詞の変化に気を使わなければいけないのかもしれません。
敬語の概念もあるが故に表現の自由さが、特定のニュアンスを伝えるのに限りなく表現が
狭められてしまうのです。

 

謝るという選択肢が英語だと「I’m sorry」の一言だが、謝る単体では選択肢が多い
日本語では「申し訳がない」「ごめん」「ごめんなさい」等、複数あります。
立場や相手によって選択しなければなりません。

 

会話であれば、相手の立場を考えた上でのコミュニケーションをとることができますが、
不特定多数の人間に一方的に話さなければいけないプレゼンテーションでは、
一般的なコミュニケーション術とは違う技術が必要とされます。
中国語や英語の場合、日常的にはなす言葉とプレゼンテーションにの際に選ぶ言葉に
あまり違いがないのですが、日本語は違います。この違いがプレゼンテーションを
しにくくしているのではないでしょうか。

 

外国語を母国語に変換して考えるのはナンセンスなのかもしれませんが、
日本語でのプレゼンテーションでは複雑な言葉選びが、物事を伝えにくく
している可能性があると感じています。

 

次回「プレゼンテーションにおける言葉選び」について書きます。

 

Top画像: Freepikによるデザイン

あの子のスカートの中には何もいませんよ

どうも、みくたです。

 

最近駅では歩きスマホの注意喚起がよく流れますね。
他の方とネタがマル被りですが、せっかくなので
その原因となっているであろうポケモンgoのお話でも。

 

さて、大流行のポケモンgo。
周りを見渡せばトレーナー達が一心不乱にボールを投げています。
また、社会への影響も絶大のようで。

 

ウォーキング用のシューズがバカ売れ!
鉄道会社が施設内にポケモンを出さないよう申請!
うつ病が改善!
引きこもりが外に出た!
スマホの電池が減りまくる!
お米食べろ!

 

などなど、奇跡を起こし続けるポケモンgo。
私もその奇跡にあやかりたくプレイしておりますが、自宅付近のポケモン達↓
IMG_1088

……ダメだこりゃ\(^o^)/

自然界にはほとんど生息せず、街中ばかりに出現する生き物って…

 

一説によると、田舎でのプレイは絶望的のようで、
都会に出ないとまともにプレイできないようです。
しかし、生粋の引きこもリストの私は考えてしまうわけです。

 

…ピーン!(そのとき情弱に電流走る)
擬似ロケーション使えば家の中でもできるよね・・・?

 

早速調査調査!
あっ、疑似ロケーションとは実際の位置情報とは違う位置情報を端末に認識させる、
開発者向けの機能です。

 

……「疑似ロケーションを使っていると、位置情報を取得できなくなる」…だと…?
初手絶望とはこのこと。
っとここで終わってはこの記事を書いている意味がないのでもう少し調べてみます。

 

どうやらポケモンgoでは位置情報が偽装されている状態を読み取って
制限をかけているようです。まぁ当然ですね。
ちなみに海外でのリリース当初はこの疑似ロケーションによるポケモンの乱獲が横行したため、厳しくなっている模様。

 

しかし、制限があればあるほどやる気になるのがエンジニアのようで(?)
その制限をかいくぐり、更にかいくぐるだけではなく完全に別ゲーにしてしまうようなカスタムアプリが多数制作されているようです。

 

名前は出しませんが(理由は後述)、以下のようなカスタムがあるようです。
・地名などを入力し、その地点に飛べる。
標準的な疑似ロケーションアプリですね。

・ゲーム内の地図の地点をタップするとその地点まで移動していく。
昔のネトゲの移動方法のように移動できます。

・画面内にJoystickを表示して、それをグリグリ動かしてキャラクターを操作する。
…完全に別ゲーです。

ちなみにほぼ全てがJailbreak/root化が必要です。
う〜む…どれもすごくて試してみたいですが、残念ながら

公式のガイドラインにて疑似ロケーションは禁止されているようです

 

…当然ですね。(2回目)
これがアプリの名前を出さない理由ですね。
そういったアプリを利用することはお勧めしません。
まぁ、実際そんなことするのなら「普通のポケモンやれば?」となりますよね。
(さてさて、調査したはいいものの「元々禁止されてるよ」という始めに気づくべき結果で
終わってしまいましたので話題をすり替えて誤魔化すことにします。)

 

今回調査したカスタムアプリですが、禁止されているもののやはり利用する人はいます。
それによりBANされた人もいるようです。
また、少し違う話になりますが、リリースされる前から
「歩きスマホ推奨ゲー」
と揶揄されていたものの、実際のアプリは、
・スマホを掲げた状態から下げると画面が消える
・その状態でもポケモンが出現したらバイブで知らせる
という、画面を見なくてもプレイできる仕様となっています。

 

疑似ロケーションの利用や歩きスマホなどは
利用者のモラルやリスク管理能力の問題なのに、
あたかもその”モノ”が悪いように言われているのはかわいそうですよね。
これはポケモンgoに限らず様々なことに言えます。
広い視野や色んな角度から物事を考えられるといいですね!

 

みなさんもモラルやルールを守ってポケモンマスターを目指してください!
(いい話風に〆られたかな…)

 

あ、あとモンスターボール型のモバイルバッテリーとかあると売れると思います。

Hobby!!

こんにちは
営業の金澤です。

 

今回は僕の趣味である【サッカー】についてお話したいと思います。
ちなみに僕は、小学2年生の頃にサッカーを習い事で始めました。

 

休みの日にたまに昔の仲間たちとやっています。
最近はとても暑いですが、それでもサッカーだけは
楽しくてやってしまいます。
人数が集まらないときはフットサルもやってます。
平日は営業をしていると、やっぱりストレス溜まるんですよね。。
だから、休みの日は出来るだけやるようにしているんです。

 

話は変わるんですが、僕は日本のサッカー(Jリーグ)よりも
欧州のサッカーの方が好きです。
皆さんはこの前の欧州選手権の数々の試合を見ましたか?
現代のサッカーはまたスタイルが変わりましたよね!
数年前は、スペインのポゼッションサッカーが主流でしたよね。
でも今回のユーロを見たら、守備に重点を置いているチームがことごとく
勝ち上がってました。
現に、優勝したポルトガルは守備がとにかく固く、カウンターで
点を取りに行くスタイルでしたね!
あの強かったスペインやドイツも、完敗していてビックリしましたね…

 

サッカーはやっぱり面白いな〜
と思いました。
ワールドクラスがほとんどを占めるチームでも、そうでないチームに
負けることもあるんですよね。
日本代表も頑張ってほしいと思っています。

 

以上、僕の趣味語りでした。

 

ユーロ面白かったなー。

 

画像:Selected by freepik

ポケモンGOの経済効果

どーも。らりあんです。

ポケモンって、日本で知らない人はいないのではないかと感じるほど有名なコンテンツですよね。

ドラえもんやサザエさんと同じくらいの知名度だと思っています。

 

私が初めてポケモンを触ったのは幼稚園年中のときに買ってもらったピカチュウ版でした。

これは少し前に出たレッドやグリーンとは違い、最初のポケモンを3匹の中から選べないんですよ。

もう強制でピカチュウを連れて行かされるんですよ。

しかも文字通りついてくるんですね。ずっと主人公の後ろをついて歩くんですよ。

これが最初はうっとうしくて、ピカチュウをどっかに預けようとすると悲しい顔するんですよね。

まぁこれが可愛くって可愛くって。

 

自分の思い出話はこの辺で終わらせて、タイトルに沿ったお話をしたいと思います。

 

最近話題ですよね、『ポケモンGO。ニュースでもよく耳にします。

やれ指名手配犯を見つけただの、入ってはいけないところにポケモン欲しさに入ってしまっただの。社会現象になっているといっても過言ではないと思います。

まぁ海外での話ですけど。

 

このポケモンGOというのはスマートフォンで遊べるアプリでして、その配信は日本ではまだ行われていないんですね。

不思議ですね。

なんで日本発のゲームが日本より先に海外でリリースされてるのって話ですよ。まぁそこにはきっといろいろな理由があるのでしょうけど。。。

 

このポケモンGOというアプリはGOOGLEの社内ベンチャーであるNiantic Labsと任天堂、ポケモン株式会社がいっしょになって作ったアプリなんですね。

まぁネット界とゲーム会のトップが共同開発したようなもんです。

 

ポケモンGOは、位置情報を使用して遊ぶゲームとなっています。

やることは簡単で、ポケモンを捕まえて、誰かとバトルする。

今までのポケモンと何ら変わりはないですよね。

ただ、何が変わったのか。

それは、今までのポケモンはゲーム内を探検し、様々なポケモンと出会いゲットし、バトルしていました。その探検する場所が、ゲームではなく現実世界になったんですね。

要するに、近所の公園にポケモンを探しに行ったりできるんですよ。

 

このアプリ、想像している何倍も人気が出ているんですよね。

リリース直後にアプリダウンロード数で1位に躍り出て、現在のアンドロイドにおけるアクティブユーザー比率ではツイッターとほとんど変わらないほどとなっています。

 

この人気であがったのはダウンロード数だけでなく、任天堂の株価もぐいぐい上がり、ポケモンGOリリース後の今月11日に任天堂の株は大幅続伸し、ストップ高となりました。

ストップ高というのは国に定められた値幅制限に基づき株価が上がりすぎた場合や下がりすぎた場合に、異常な暴騰・暴落を避けるため強制的にその価格で変動を制限することです。

ちなみに日本における値幅制限の幅はおよそ15%から30%ほどで、任天堂の株における値幅制限は約25%ほどでした。

これは単純に考えると、任天堂の株をその日持っていた人はその株を持っていただけで購入価格の1.25倍も儲かったことになるんです。

持っている資産が1.25倍になるなんてすごいことですよね。

実際、国がそれ以上上がると暴騰だと認めているようなものですしね。

 

じゃあなぜ任天堂の株価がここまで上がったか、流れ的にポケモンGOのおかげですよね。

でもそれだけじゃないんです。現在日本ではアプリがヒットすると同時に株価がぐんと上がる傾向があります。パズドラしかりラブライブしかり。

でもそれは単にアプリのダウンロード数が上がったから株価が上がったわけではないんですよね。

それによってその会社が多大な収益をあげるであろうと、株を購入した人、購入しようとしている人がいるから上がっているんです。

 

ポケモンGOは基本プレイ無料ですが、ちゃんとお金を儲けるシステムもあるんです。

ポケモンGOではルアーモジュールというアイテムを有料で販売しております。このアイテムを購入し設置すると、30分間近くでポケモンが発生するようになるんですね。

このシステムの何がすごいってユーザー個人だけでなく、土地を使い商売をしている人からもお金を集めることができるのです。

この記事の最初のほうでも話したように、今やこのアプリのユーザー数は莫大な数おり、そのユーザー全員の目的はポケモンをゲットすることです。そのために入ってはいけないところに入ったり、問題になるほど人が一か所に集まったりします。

じゃあ人を呼びたいお店がルアーモジュールを使って、自分のお店をポケモンがたくさん出る場所にしたらどうでしょうか。

人がたくさん集まりますよね。

このシステムはそうやって集客を目的としている会社にもお金を投資させることができるんですよね。

だからお金が集まるんですよ。株価が上がるんですよ。

こういうことに早いうちから目をつけられるようになるときっと自分のところにもお金が集まるようになるんだろうなと思います。

 

何が利につながるかを見極められる目を持つことが成功のカギになるんだろうから、こういった情報には常にアンテナを張っていけたらなって。

今日はこの辺で。

 

画像 : Pixabay

二日酔いには向かい酒 ~オクトーバーフェスト~

おざまっす。らりあんです。

夏っすね。暑いです、急すぎます。

でも暑くなると楽しいことも増えますよねー。。。ビールとか。。。

ってわけで前回お酒に関するお話をさぼったので今回はお酒のお話に戻します。

 

皆さんはどのくらいの頻度でお酒って飲みますかね?

私は毎日飲みます。ええ、GWの10連休は8日間連続で飲んでいました。

お酒好きのこの僕でも、8日目で胃がやられました。

アルコールもぬけているのに、もう吐き気が止まらずにずっと胃液を垂れ流していました。

皆さんも経験はあると思いますが、二日酔いでの胃痛ってつらいですよね。

 

つらい話はこの辺にして、今回はそろそろ各地で開催が始まるであろうオクトーバーフェストについてお話します。

 

オクトーバーフェストってご存知ですか?オクトーバーフェストはドイツ、ミュンヘン発信の世界最大級のビール祭りです。元々はドイツでのお祭りなのですが、現在では日本各地でも開催されていて認知度も高くなってきているかと思います。

ただ、オクトーバーフェストは店舗の数も多く、ビールの種類もドイツ語で書かれていてよくわからないから行ったことないって人もいると思うので、ざっくりとメジャーなドイツビールの説明をします。

 

まず、一番有名な種類は「ヴァイスビア」と呼ばれるものですね。これは通称白ビールとも言われていて、原料に多くの小麦を使用しております。日本で最もメジャーな「ラガー」ビールは原料に大麦麦芽を使用し下面発酵で作られており、切れの良い苦みが特徴的です。これに対し「ヴァイスビア」は小麦を50%使用した上面発酵で、フルーティーな味わいで苦みが少ないことが特徴です。このビールはビール特有の苦みが苦手な方でも飲みやすく、女性などにもお勧めです。

 

もう一つは「オクトーバーフェストビア」と呼ばれるものです。ほかにも「ヴィーゼンビア」などと呼ばれ、オクトーバーフェストに向けて特別に作られたビールの名称です。このビールの特徴は何と言っても非常に高いアルコール度数です。日本の多くのビールがアルコール度数5%程度であるのに対し、オクトーバーフェストビアは5.8%から高いものでは6.4%の物もあります。飲み方はマスグラスと呼ばれる1L入るグラスで飲むのがお勧めです。日本ではめったにお目に掛かれないサイズのグラスなので、ぜひ一度は試してみてはいかがでしょうか。

 

大体上の二つがメジャーなビールになっており、どこのお店でも置いてあることが多いです。ほかにもリンゴ風味のものなどの少し変わったビールもあります。そのお店特有のビールを飲んでみるのもいいと思います。ドイツのビールは、日本の物より飲みやすいものが多い印象なので、普段ビールを飲まない方でもすんなり飲めたりすると思います。

 

次に、初めてオクトーバーフェストに行かれる方に気を付けてほしいのが、日本のオクトーバーフェストではグラスにデポジットが付くことです。どういうことかというと、グラスは「あげる」ではなく「貸す」なんですね。だから最初の一杯購入時に大体1000円くらい多めにお金がかかります。これは、最後にグラスを購入店に返却することで帰ってくるのですが、もし無くしたり割ったりしてしまうと、デポジット料金が返ってこなくなってしまいます。なので絶対にグラスをなくしたり、割ったりしないように気を付けてください。先ほど紹介したマスグラスなどではデポジットに2000円かかったりすることもあるので。。。

 

他にもオクトーバーフェストではステージが用意されていて、Y.M.C.Aなどを生で演奏していたりと、会場によってさまざまな楽しみ方があります。

ちなみに東京だと今年は日比谷公園・駒沢公園・お台場などで開催されているので、ぜひ足を運んでみてください。