読んでよかったあれこれ その2

採用担当たかゆき♡が、
読んでよかったと思えるあれこれについてコメントするシリーズです。

前回も併せてどうぞ。

◆パーソナル・マーケティング 本田直之

私が高校時代に読んだので、10年以上も前ですねー。
ただ今から読んで古臭い内容かとなると
「この時代からこの主張はあったんだ」となると思います。
読書の習慣がついたのは多分この本がきっかけですね。

◆イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」 安宅和人

短期的なバズで売れるタイプの本ではなく、
地味だけどゆっくり部数が伸びている珍しいタイプ。長く使える知識かなと。
“シン・ニホン”はまず動画の方をみておくといいかもです。

まずは動画から

https://www.youtube.com/watch?v=G6ypXVO_Fm0

◆統計学が最強の学問である 西内 啓

「AIがナウイらしいぞ!とりあえずPythonのお勉強だ!」

…的な入口も一つのやり方だとは思うので否定はしませんが、
そんなに焦らなくてもいいんじゃないかなーとも思います。
この本でなくてもいいのですが、
まずは基本的な統計学の考えに触れてからでも遅くないのでは?
と思うわけです。

エンジニアでなくても、ビジネスパーソンであれば汎用性はあると思いますよ!

-続きます-

*引用