目立つ企業が優良企業?

採用担当のたかゆき♡です。
今回は転職を考えている側からは見えにくいけど、
企業側はこんなことも考えているよ、といったお話です。
みんな大好きなお金のお話だよ!

広告費は必要だが…

リクナビやdodaなどの採用媒体を
使ったことがある方も多いと思います。
希望の条件で検索をかけて、
検索結果の上位から順にみていく、
気になる企業があれば読んでみて、
そのうちいくつかには応募してみる。
そんな感じではないでしょうか?

だとすると企業の側から見れば、
まず検索上位に表示させることが入口になります。
実は掲載しているけど下の方に埋もれて気付かれない、
となれば面接などの前にそもそも応募もなく、広告費がムダなわけです。
(媒体掲載って実は結構なお値段なのです…)

似たような業界や職種での募集はもちろん自社のみではないので、
他社掲載より上位に載る方法を考えないとダメなのが企業側なのですが…
雑に結論を言ってしまうと「お金かけた企業が検索順位上位で目立つ」になります。
シンプルにお金の力は強く、お財布に余裕のある大企業に比べるとベンチャー企業などは埋もれがちなのです。
(低関与商材には広告での露出が効果的、みたいな話なので興味のある方は”低関与商材”とかで詳細調べてみてください)

お金のかけ方をどうみるべきか

安くない金額を出してでも
採用広告を打ち出す、ができる企業を“人を重要視する企業”とみることもできます。
お金をかけてでもやるべきと判断しているわけですからね。
一方、”新しく入社するメンバーを増やそうとはしているけど、
既存メンバーにお金の還元ができているかは別”の側面もあると思います。
広告費捻出を優先しすぎると「せっかく稼いできたのに、給料に還元されず広告費に充てるのか!」などあるかもしれません。

この場合は本人のパフォーマンスが給与に反映されるようになっているかを応募前にみておく、もしくは面接の場などで聞いてみる、などすると良いのではないでしょうか。
給与体系について調べたり質問することは悪いことではありません。
むしろ「私の能力をいくらで買うつもりなんですか?」と企業側に営業をかけるくらいが、営業力も含めてのアピールになるのでオススメです。
(職種問わず営業力は持っておくと役に立ちますよ)

長くなりましたが、何が言いたかったのかをまとめると
“オープランは還元率が高い素敵な会社です”
となります。

とても良いですね。応募しましょうね。

—–採用情報発信中!—–

特設サイト
https://recruit.oplan.co.jp/

ツイッター
@oplan_inc