「最後に質問はありますか?」で内定が決まるのか?

採用担当のたかゆき♡です。
ユーチューバーとか色々やっておりますよ。


チャンネル登録お願いします!

面接でコイツが出てくる可能性は大いに有り得るので、
色々みておくと予習になるのではないでしょうか。
それはさておき今回は面接のお話です。

最後に質問はありますか?

就活してると、面接の最後に
こんな感じの質問に出くわしますよね。
経験ありませんか?私はあります。
そして面接官としてこんな感じの質問をする側になることもあります。

で、思ったことがあります。
ズレてるよねと。
質問の意図がどうやら間違って伝わってるのではないか?と感じるのです。

内定を左右する最後のアピール

就活のプロ(?)を自称するユーチューバー
だったりは共通して
“「最後に質問はありますか?」は内定獲得の決め手になる!対策しておけ!”
などと主張しているそうです。

プロ(?)曰く、ここで質問しなければ
「御社に興味はございません」と言っているのと同義なのだとか。

これは本当なのですかね?
ちなみに私の就活は、内定が取れずに苦労することはなく、
この手の質問も「特にないです」がほとんどでしたよ。

一発逆転に依存するのはリスク

面接官としての私、
という視点でお話ししておきましょう。
「最後に質問は?」の意図としては、
単に会社に対する疑問や不安を解消したい、
それだけです。

質問で解消できるような不安は持ち帰る必要ないですからね。

一緒に働きたい方であれば面接の途中(優秀な方ほど前半)で内定を出したい!
と内心思っていて、「最後の質問」のタイミングでは基本的に内定かどうかは決めています。

そこで急にひっくり返ることはごく稀です。

もちろん例外はあるので、最後の質問に備えての対策が完全に無駄だと一蹴はしませんが、
最後の一発逆転にかけるよりやることあるんじゃないの?とも思うわけです。

序盤で安心させろ

弊社の場合であれば
以下を参考にしてみてください!
面接の前に

他社さんの場合でも、大方「こんな人と働きたい!」的な情報発信はしてるものなので、
そこから逆算してみてください。
表現悪く言ってしまうと、”失敗しにくい人が欲しいサラリーマン”が面接官やってることは多いですよ。
“挑戦が多いビジネスパーソン”とは系統が違うので両パターン想定しておくのがおすすめです。

参考になりましたですかねー。
もちろんやり方はここに書いたもの以外にもあるでしょうから、
一つの例としてみておいてください!

—–採用情報発信中!—–
チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCR9wMyzkmr9q78WbX8XMeoA/featured

特設サイト
https://recruit.oplan.co.jp/

ツイッター
@oplan_inc
https://twitter.com/oplan_inc

たかゆき♡
@ikemendesutomo
https://twitter.com/ikemendesutomo