祭 Part1

gatag-00010542
On 2016-08-06 by Oplan

皆様こんにちは。久しぶりの登場のロックです。

 

梅雨も明け連日猛暑が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、早速ですが今回のブログの内容は、暑い夏、暑い日、そして熱い祭り!ということで、私の地元の祭りをご紹介したいと思います。

 

私は大阪府の岸和田市の出身なのですが、ここには結構有名な祭りがあるのです。

 

岸和田と聞いてピンときた方もいるのではないでしょうか?

 

そう、岸和田だんじり祭りです!

 

この祭りは約300年前に五穀豊穣を祈って始まった伝統のある祭りです。

 

だんじりというのは、高さ約3.8m 重さ約4tの木の車のようなものです。

このだんじりを祭り地域にある町が各1台ずつ持っています。

その数なんと22台!!

それを町の宝とし、約100年間大事にし、古くなれば新調します。

 

みなさんだんじり1台作るのにいくらお金がかかるか分かりますか?

1台作るのに約1億~2億と言われています。

 

なぜこんなにお金がかかるかと言いますと、だんじりは全てがケヤキの木で出来ています。ケヤキの木を切り出し、それを職人が手作業で削って形を作り、側面には日本の有名な戦の、それは見事な彫り物があります。これも職人が手作業で彫っています。だからこれだけの金額がかかるのです。

 

まさにだんじりは動く芸術作品なのです!!

 

紹介したいことがありすぎて長くなりましたので今回はここまで!笑

次回も引き続き、だんじり祭りの魅力をたっぷりと書いていきます。

少しでも興味を持っていただければ嬉しく思います。

 

ちなみに今回の祭りの日程は9月の17、18日ですよー。

それまでには、この続きを書きますので、予定は空けておいて下さいね笑

FacebookTwitterGoogle+Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です