国際

スポーツとIT

「春眠暁を覚えず」

気持ち良い春の訪れ。むしろ初夏です。Tattsunです。今更、「おそ松さん」にはまりました。だよ~ん!

 

5月といえば、、、。そう欧州サッカーリーグの終幕!今シーズンは世紀のジャイアントキリングがバークレイズイングリッシュプレミア・リーグで起きました。

我らが岡崎慎司の所属するレスターシティが、開幕からの勢いを持続し、なんと群雄割拠のプレミアリーグで優勝を遂げました!!!すごい!!!

僕も毎週レスターの試合をテレビ観戦していました。

(ちなみにプレミアリーグの放送では3回バークレイズイングリッシュプレミアリーグと言わなければいけないという決まりがあります。)

 

岡崎選手は清水エスパルスの新人時代から知っていたので、勝手ながら喜んでおります。当時はなぜプロに?と思っていたのですが彼は自分を信じて努力を重ねここまでたどり着いたのです。カッコよすぎる。。。Nunberももちろん買いました。

 

 

そんなレスター躍進の影のキーマンはご存知スティーブ・ウォルシュ。スカウト兼助監督の方です。

彼がすごいのはなにか。。。実にレスターのレギュラーメンバーの11人中10人が彼のスカウティングによって獲得された選手なのです!

 

世界的には無名な選手をどうやって注目し集めたのか。レスターに所属する以前は2部リーグや3部リーグに所属していた選手も少なくありません。ウォルシュはそんな選手たちの走行距離や、スプリント数、ドリブル成功数など「データ」を見逃しませんでした。

そういったデータから彼が連れてきたのが、ジェイミー・ヴァーディーやリヤド・マフレズなのです!

 

近年では、サッカーでもデータ化が進んでいます。なぜ「走力」がキーとなっていのかが分かるのか。なんと今では選手個人の走行距離から、走る時速などが計測できるのです。すでにご存知の方も多いのでは。

これをトラッキングデータといいます。もとはといえば、軍事技術で、ミサイル自動追尾システムの応用に、スタンドに設置されたカメラが選手やボールを追尾(トラッキング)して、座標を取得しているのです。すごい技術だあ!

インターネットも元はといえば、軍事技術。おそるべし軍事技術。

 

Jリーグでもこのトラッキングデータの公開が始まりました。IT技術からみるスポーツもまたおもしろい。

 

 

画像

著作者:avaxhome.ws

徒然草子365-Turedure zhoshi SANROKUGO- vol.3

こんにちは。MORIHIROです。

 

もう5月も半ば。あったかい日が続いていますね。
社会に出て10年目、会社勤めをして6年目の春は終わりのようです。
わたしの出向先では早くも「スーパークールビズ」がはじまりました!室温が28度なので、かる~い服装で通勤しています。
いやー。綿シャツに、カーディガン・・・楽~(笑)

 

さて。
「5月になった」ということは、わたくしがITベンチャー企業に入社して早くも一月が経った、ということでもあります。
先月は先輩営業さんの行脚に同行して、商談のようすを学んだり、開発現場に実際に入って、稼動を経験したり、
採用活動や自社のもろもろ業務に頭を悩ませたり・・・

 

正直な感想は・・・「とてもたのしい」♪ですね。前職と前々職は、調査・事務処理・プレゼン準備や実施・対人コミュニケーションの能力が問われるものでした。
OPLANに入社しても、この4つは変わらず業務で必要とされました。
ただ、いままでとひとつ異なり、その異なる点が最も大変であったことは、正直に言いましょう・・・
そう、業務が「IT」だってこと!

 

とくに、この10年で十分養えたと思っていたExcell操作とITリテラシーへの自信は、見事に音を立てて崩れ落ちました。

 

だからもう、ほんとうに、とてもたのしい!!!

 

新社会人になった数年前-ひとつ上司の力になるどころか、みっつは迷惑かけてしまう、あの日々の再来なのです。

 

必死に会議を聞いたり、必要に駆られる前に勉強をして作業をしたり。
そうしなくては「仕事にならない」のです!

 

このひと月で、負けず嫌いなわたしの本性が、わたし自身にあえてフラストレーションを与えること・・・体と心が思い出しました(笑)

 

意外と業務より会議のほうが辛いものがあります。
「何」を言っているのか「判らない」のです。
もちろん、日本語に類するものを話していることは解りますよ(笑)

 

ある業界ではあたりまえに使うことばでも、異業種の人にとっては外国語に相応すること、ままあります。
最初に困惑したワードは、まさか!と思われるかもしれませんが、『リスケしといて』です。

 

「?・・・・・・・(?!利助・・・?)・・・・・・・・・・・・・・!!!!!あ、っはい。スケジュール再調整ですね!?」

 

となった、わたしの心中を慮ってください。

 

これまでの業界は、「ことばを美しく」「正しく」使うということが常識のさらに下の前提にあったということを、ここではじめて知るのでし た (笑)

 

こうして、わたしは「新しいことば」を覚えるというタスクを最も重んじた4月を過ごしたわけです。

 

(『~』とかね・・・波ダッシュだと思っていたら・・・チルダっていうんですね。「なるほど。そう呼ぶんですかー(へー欧米女子の名前っ ぽい わー)・・・あ、呼びはしないんですねー」という会話に類似したやりとりはまだ続きそうです。)

 

そうそう。ニュース!(わすれてたー)
わたしのBlogの要でした(笑)

 

「新しいことば」に関連するIT界のニュースですと、3月中旬と少し前になりますが@アットマークの生みの親レイ・トムリンソン 氏 死去がありましたね。

 

現在私たちの生活の一部になっているインターネットを介した電子メール、その原型が生まれたのは1971年のことでした。
「レイ・トムリンソン(Raumond Samuel Tomlinson)は、ARPNETを介してつながる並んで置かれた2台のコンピュータ間で電子メールの送受信をすることに成功。
そして、電子メールシステムを考案する際に、ローカル部とドメイン部を区切る記号として「@」をつかう表記法を初めて使った」のだそうで す。
【ENGADGET 日本語版】より抜粋 http://japanese.engadget.com/2016/03/08/tomlinson/

 

現在、電子メールは全世界に39ものアカウントがあり、ビジネス用途のメールだけでも1000億通を超えるのだそう・・・。
わお。
ひとつまえの記事『http://blog.oplan.co.jp/archives/136で、「電子メールは廃れるのかな・・・」という疑問を口 (あ、 記事か)にしましたが、この電子メールの実態を見るとそんなこともないのかなぁと思わされます。

 

なお、当時28歳のトムリンソン氏は「@」の表記法について、当時は「ちょっとした宛先ルールの変更」と思っていたらしく、考案したこと を広 く告げたりしなかったのだそうです。
まさか、30年後のインターネット世界で、国境をこえた億を超える人々に用いられるとは想像もしなかったのでしょう。

 

新しいことを生む
新しいことを学ぶ

 

「当人にとっては些細なこと」でも、まわりにとっては大きなことになったりもする。

 

なーんて。
本日もつれづれいたしました:) こう意味づけられるのならば、明日の勉強も仕事も、やる「甲斐がある」と思えるのではないかしら。

 

それでは、また次回をお楽しみに^^

中国向けの越境ECの現状

どうも、Wilsonです。
今日は2016 年 4 月 8 日より実施された中国の新しい行郵税政策調整についてです。

 

中国の輸入税はとっても高い。
普通の貿易は
関税10%~20%+增值稅(付加価値税)17%+消費稅25%。
高いから
外国製品は質がよくても買えない。
経済保護の一種です。
けどどうしても買いたい需求があるから,
みんなが着目したのは行郵稅です。

 

行郵稅は個人が持ち込んだ外国製品に課する税です。
ものによって10%、20%、30%、50%になります。
しかし,
免税額があるので(一定金額以下は免税),
みんな自由貿易試験区を利用して,
(輸入した時点ではなく,このエリアに出たとき課税する)
商品を小分けして,
実質無税の貿易をやってきました。

 

ここで新しい税政調整です。
免税額は50RMBに,
15%、30%、60%に調整した。
数値から見ればピンとこない人もいると思う。
つまり実際儲かった仕事が大損になるです。

 

新しい税政は:
1.一回2000RMB以下、個人年20,000RMBの営業額は関税免税。超えた場合は一般貿易と見なす
2.增值稅、消費稅の免税額を取り消し,一般貿易の70%に調整する
3.行郵稅レートは10%、20%、30%、50%から15%、30%、60%に調整

 

結果から言うと,
食品   1.9%~11.9%増税
家電250RMB以下   11.9%増税
250RMB以上   8.1%減税
化粧品100RMB以下   32.9%増税
100RMB以上   17.1%減税

 

高価のものが有利になりそうですね。

eスポーツってご存知ですか?

おざまっす。らりあんです。

前回に引き続きお酒のことを書きたいのはやまやまなんですが、ちょっと今回は別の話を書かせてもらいます。

 

まぁタイトルの通りなんですけどみなさんeスポーツって知ってますか?
最近テレビでも取り上げられたりで聞いたことあるって人もいるかと思うんですが、簡単に言うとエレクトロニック・スポーツの略でコンピューターゲームのスポーツって感じですね。
日本ではあまりメジャーではないのですが海外だと賞金が億を超えるような大会とかもあったりして、職業としてしっかりプロゲーマーをやってる人なんかもいるわけですよ。
なぜ急にこんな話をするんだと思った方もいると思うんですが、実は昨日、日本で「League of Legends」というゲームの日本地区決勝戦があったんですよ。

 

で、それに自分も行ったってお話なんですね。
League of Legends」というゲームは今全世界で一番アクティブユーザが多いゲームで大会の賞金も約2億6千万もでる、今最も人気のあるネットゲームです。

ゲームの説明を長々書くのはきっといろいろなところでやられてると思うので、今回はその大会の運営に関して少し思ったことを書きたいなと思います。

 

今回行われた決勝戦は国立代々木競技場第二体育館にて行われました。

キャパとしては4500人ほどだったそうです。写真では空いてる席もありますが、開始時には満席になるほどの人気でした。

gkhkcfmminolihcf
最初はゲームの大会を見るって、盛り上がるのかなーとか思ってたんですけど、まぁ盛り上がる盛り上がる。

数時間にわたるライブだったのですが、飽きることなく最後まで楽しめました。
ただここで一つ文句を言いたい。

e”スポーツ”じゃないですか?スポーツと言ったらあれが必要でしょって物が足りてないんですよ….

 

 

そうっす、酒とジャンクフードっす。

 

会場にドリンクフードの持ち込みは禁止されていて、会場内にある売店にもソフトドリンクしか売っておらず、試合を見ているときはひたすらジュースをすするしかすることがないんですよね。

たったり踊ったりするようなライブじゃないんだから、そこはお酒やら食べ物やらを許してほしかった。

前述したようにすごく楽しい大会だったんですよ。ただかなり時間も長いからせめてこの二つは許可してほしかった。

今後大会の規模が大きくなるにつれて会場もどんどん大きくなっていったときにお酒の開放があることを願ってます。だってスポーツ観戦だもん
このブログが運営に届いて、『ああ、お酒か…』ってなったらなーって思います。
今日はこの辺で。あとみなさん、今このゲームすごく熱いんでぜひゲームが好きな人は触ってみてください!基本無料ですよ!宣伝じゃないですよ!

心機一転の春

皆様ごきげんよう。四月に入社するNORIKOです。
今回初めての投稿です!よろしくお願いします!!
 
近頃、急に暑くなったり寒くなったりを繰り返しながらも徐々に春の訪れを感じる季節となりました。気候だけではなく出会いや別れのシーズンでもある春。
私事ではありますが先日大学を無事に卒業しました!
そこで、私の大学生活を少し振り返ってみようと思います。
 
大学受験で大敗し、肩を落としながら大学の正門をくぐった四年前。英文科としての授業は比較的簡単で物足りなさを感じることが多々あり、気がついたら二年という月日が経過。
その間カフェでアルバイトをしたり、ストリートダンスサークルに入ったりもしました!
一通り大学生らしいことはしたと思います☆
 
そんな私の転機となったのはイギリスへの留学でした。
見知らぬ土地、人々、おぼつかない英語と共に過ごした半年間はとても刺激的で、今まで日本の小さなコミュニティのなかで生きていた自分がとてもちっぽけに思えました。
もっとワールドワイドに生きたい!!!
と思ったのです。
その後、自ら様々なコミュニティの人たちと交流を持つことで英語だけに限らずポルトガル語やスペイン語を勉強する機会が出来たりもしました。
ちなみに、大学時代は第二外国語としてフランス語も履修していました!こうしてみると私は言語を学ぶことがとても好きなんですよね。
 
それから、初めてのカトリック系の学校だったので四年間キリスト教を学びました。たまに教会に足を運ぶようにもなりました。
いつも私の味方でいてくれる友人も出来て、どんなときも温かく見守ってくださる先生方。何度も辞めたいと思っていた大学生活でしたが、いざ卒業してみると何もかもが素敵な思い出です。
終わり良ければすべて良しですね!
 
ところで、私の夢は海外で暮らすことです。その夢に一歩でも近づくために気を引き締め直し、新しいコミュニティであるOplanと共に私自身成長していかねばという所存でございます。
心機一転の春、NORIKO頑張ります!!!
 
まだまだ未熟者ではありますが、皆様どうぞよろしくお願いします!!!

インダストリー4.0という名の波に乗りたい!!

皆さんこんにちは,Wilsonです。

初投稿,よろしくお願いいたします。

 

さて,皆さまこういうこと聞いたことがありますか?

所謂「ウォール ストリートのやつら」が毎年あるテーマを作って,価値観を世界に向けて発信するということ。

技術の概念自体は結構昔から存在するけど,新しいかっこいい名前を付けて再定義する。

 

例えば,

分散コンピューティング(Distributed Computing)

IoT

Big data

クラウドコンピューティング(Cloud Computing)

拡張現実(Augmented reality)

 

一番crazyなのは、インダストリー4.0ですね。

今度始めたのはドイツなのですが,

書かれたもの以上の事をすべて統合して生産に運用する

いいや、かっこ良過ぎ。

 

こういう新しいことに対してホットマネーや投資が流れ込んでいく。

人は新しいものに対して弱いですね。

だから,私たちも常に勉強して準備しないと波を逃してしまう。

 

この毎年のテーマに対して,

私たちに何がをできるのか?

私は毎回楽しんで想像してしまう。

 

インダストリー4.0が…

壮大だな…

生産などは大手にはかなわないけど,システムの運用保守くらいはできますね!

そこが商機が生じると信じています。

徒然草子365-tsuredure zhoshi SANROKUGO- vol.1

こんにちは。お初にお目にかかります、営業部モリヒロです。

ITビギナーなわたくしは、ITや業界の勉強をしながら巷の二ュースや手にとった書籍、ふと考えたものの備忘録をぽつぽつブログに落としていくつもりでおります^^
以後、よろしくお願いします。

それでは記念すべき第一回目はこちら^^
「Google Translateが100語以上に対応」

2月17日のぐぐるさんによると「今日加わった新しい言語は、Amharic(アムハラ語, エチオピアで使われている); Corsican(コルシカ語); Frisian(フリジア語, オランダとドイツ); Kyrgyz(キルギス語); Hawaiian(ハワイ語); Kurdish(クルド語); Luxembourgish(ルクセンブルク語); Samoan(サモア語); Scots Gaelic(スコットランド高地ゲール語); Shona(ショナ語, ジンバブエ); Sindhi(シンド語, パキスタンとインド); Pashto(パシュトー語, アフガニスタンとパキスタン); Xhosa(コーサ語, 南アフリカ)」なのだとか。
2006年4月に企画され、10周年を目前に103の言語を翻訳できるようになったというニュースでした^^

美しい翻訳をするためには、その言語がweb上で頻出していることが必要で、さらに300万人のボランティア協力があって成り立っているのだそうです。
言葉の壁を乗り越える「業 わざ 」はわたしたち現代人の積み重ねが作り上げているのですね^^

しかし、そうすると…翻訳家とか通訳って仕事はあと数年もすれば完全になくなってしまうのでしょうか?
コンピュータやAIにはできないことがまだまだたくさんあるのでしょうけれど、彼らに経験というメモリを与え続ければ「できないこと」はいつかほとんど無くなるのではないでしょうか…。
少しまえ、雑誌AERにて「あと30年でなくなる職業特集」という記事をみかけました。翻訳や通訳の仕事はIT技術で補えない魅力がなければ淘汰されうる、という意見になるほどなぁ、と思ったものです。

そうそう。言葉の壁…といえば。
わたしたち地球に住まう人々がおなじ言語を話せないのは、天より与えられた罰なのだ、という伝説や神話がありますよね。

「バベル‐の‐とう【バベルの塔】《Babelは地名シナルの古都》旧約聖書の創世記にある伝説上の塔。ノアの大洪水ののち、人類がバビロンに天に達するほどの高塔を建てようとしたのを神が怒り、それまで一つであった人間の言葉を混乱させて互いに通じないようにした。そのため人々は工事を中止し、各地に散ったという。転じて、傲慢に対する戒めや、実現不可能な計画の意にも用いられる。ーコトバンク抜粋」

互いの意思を通じにくくさせ、人の傲慢さに怒ったこのかみさまは、いまこうしてひとつのツールが疎通を容易にしはじめた世界を、試行錯誤によって生まれた「ひとの業」をどう考えるのでしょう。

成長を親のように喜び、境目がない世界をあたたかく見守ってくれるのか…
はたまた、
革新などとは思い上がりだと憤り、かつて滅びた塔のときのように裁可を下すのか…
はっ。思いもよらないところまで考えてしまいました…
どうかどうか、すてきな技術がバベルの塔にはならないで、と、そう願うばかり…_(.._
そうして今晩もぐぐるさん翻訳機能におせわになって勉強をするわたくしです。(笑)