交流会

祭 Part2

皆様こんにちはロックです。

 

さて、今回は前回に引き続き地元のだんじり祭りについて書いていきます。

前回の記事はこちら「http://blog.oplan.co.jp/archives/409

 

前回では祭りの歴史と、芸術性について書きましたが、今回は祭りの内容について掘り下げていこうと思います

 

だんじり祭りの魅力はその迫力にあります。

地車を子供から大人まで数百人が綱を引っ張って街中を走り回ります。この祭り最大の見所である直角カーブに走りながら突っ込んでいくところは迫力満点です!

綺麗に曲がれたら拍手が巻き起こり、今まで数十キロと走ってきた疲れも忘れ最高の気分になるのです!

まあ、その数分後にはまた疲労感が襲ってきますけどね笑

 

また、鳴り物も祭りを盛り上げる重要な役割を担っています。

地車の中に4人が乗り込み、小太鼓、大太鼓、鐘、笛を軽快に鳴らし、引き手と見物客を盛り上げてくれます。

 

しかし、この祭り、盛り上がり迫力がある反面かなり危険です。

走っている最中にコケると後ろの人が将棋倒しのようになったり、家や電柱を破壊したり、その間に挟まれたりと・・・最悪の場合どうなるかはわかりますよね?笑

そのため祭りの参加者は全員祭り保険に加入しています。

また、見物客に突っ込んでいくこともありますので見物の際はご注意ください。

 

だんじり祭りは昼と夜では全然違った顔になります。

昼間は激しい祭りですが夜は地車に提灯をつけ、走ることはないので子供達が主役です。

地車を引っ張るのも、鳴り物を鳴らすのも子供達です。

また夜は屋根の上に乗ることもできます。

大人たちはというと、酒を片手に地車の周りでワイワイしています笑

祭りは夜の10時まで行っているので1日中見物を楽しめます。

露店の光やライトアップされた地車を見ながら酒を飲むのも風情があっていいものです!

 

岸和田だんじり祭りは2日間開催されます。祭りの時期に集まる見物客はなんと60万人!岸和田市の人口は20万人ほどなので2日間にその3倍の人が祭り目当てに集まるのです。

 

 

以上ここまでだんじり祭りのことを書いてきましたがいかがだったでしょうか?

少しでも興味を持ってくれたのなら是非見物に行ってみてください!

今年の祭りは9月17,18日開催です!

相手に与えて良い情報は表層に、与えるべきでない情報は深層に蓄えろ。~スパイは疑われた時点で終わり~

待ち遠しい。「ジェイソン・ボーン」の公開が。

まだ、スパイブームは終わらない。Tattsunです。

 

今回も前回に引き続いて人の癖について皆さんに知ってもらってともにスパイを目指してほしい。

前回は「腕」をテーマにした癖だったので、今回は「脚」注目していきます。

前回の記事はこちらから→「http://blog.oplan.co.jp/archives/320

 

  1. 脚の向き

癖、というより無意識的に人は行為のある人の方に脚を向けます。例えば、隣同士に座っている、相手に行為があるのなら、膝は相手の方を向いていることだと思います。隣にはいるが、好きではない人だと、いつのまにか、体は相手を遠ざけるように座っていることはありませんか?

また、相手が自分に対して好意的な印象を持っているかどうかもわかります。

あの人の脚はどっち向いてる?

 

  1. 脚を組む

男女ともに脚を組む人が多いと思います。脚の組み方でそのときの心理は大きく変わってきます。

右足が上の場合、保守的な人が多く、左足が上の場合、積極的な人が多いとされている。ここで判断するのは、その人、または自分が、一人でいるときに自然と脚を組んでいるときにみつけられる。

そもそも、脚を組むときはどのような心理か。安心していたり、リラックスしている時に多いものです。

もし、あなたを前にして脚を組んでいたのなら、リラックスしているのかも。

しかし、実は反対の側面も持っているのが脚を組む癖。

例えば早く立ち去りたいとき、相手の話を聞きたくないときにも脚を組むものです。脚だけでなく、上半身や表情に注目して、相手はどういった状態なのかチェックするのがカギ。

 

 

脚には好意的な相手に対して発信することが多い。

そこに注目すれば、気になる異性のアプローチに使えるかも・・・。

 

Top画像

著作者:Ines Njers

二日酔いには向かい酒 ~オクトーバーフェスト~

おざまっす。らりあんです。

夏っすね。暑いです、急すぎます。

でも暑くなると楽しいことも増えますよねー。。。ビールとか。。。

ってわけで前回お酒に関するお話をさぼったので今回はお酒のお話に戻します。

 

皆さんはどのくらいの頻度でお酒って飲みますかね?

私は毎日飲みます。ええ、GWの10連休は8日間連続で飲んでいました。

お酒好きのこの僕でも、8日目で胃がやられました。

アルコールもぬけているのに、もう吐き気が止まらずにずっと胃液を垂れ流していました。

皆さんも経験はあると思いますが、二日酔いでの胃痛ってつらいですよね。

 

つらい話はこの辺にして、今回はそろそろ各地で開催が始まるであろうオクトーバーフェストについてお話します。

 

オクトーバーフェストってご存知ですか?オクトーバーフェストはドイツ、ミュンヘン発信の世界最大級のビール祭りです。元々はドイツでのお祭りなのですが、現在では日本各地でも開催されていて認知度も高くなってきているかと思います。

ただ、オクトーバーフェストは店舗の数も多く、ビールの種類もドイツ語で書かれていてよくわからないから行ったことないって人もいると思うので、ざっくりとメジャーなドイツビールの説明をします。

 

まず、一番有名な種類は「ヴァイスビア」と呼ばれるものですね。これは通称白ビールとも言われていて、原料に多くの小麦を使用しております。日本で最もメジャーな「ラガー」ビールは原料に大麦麦芽を使用し下面発酵で作られており、切れの良い苦みが特徴的です。これに対し「ヴァイスビア」は小麦を50%使用した上面発酵で、フルーティーな味わいで苦みが少ないことが特徴です。このビールはビール特有の苦みが苦手な方でも飲みやすく、女性などにもお勧めです。

 

もう一つは「オクトーバーフェストビア」と呼ばれるものです。ほかにも「ヴィーゼンビア」などと呼ばれ、オクトーバーフェストに向けて特別に作られたビールの名称です。このビールの特徴は何と言っても非常に高いアルコール度数です。日本の多くのビールがアルコール度数5%程度であるのに対し、オクトーバーフェストビアは5.8%から高いものでは6.4%の物もあります。飲み方はマスグラスと呼ばれる1L入るグラスで飲むのがお勧めです。日本ではめったにお目に掛かれないサイズのグラスなので、ぜひ一度は試してみてはいかがでしょうか。

 

大体上の二つがメジャーなビールになっており、どこのお店でも置いてあることが多いです。ほかにもリンゴ風味のものなどの少し変わったビールもあります。そのお店特有のビールを飲んでみるのもいいと思います。ドイツのビールは、日本の物より飲みやすいものが多い印象なので、普段ビールを飲まない方でもすんなり飲めたりすると思います。

 

次に、初めてオクトーバーフェストに行かれる方に気を付けてほしいのが、日本のオクトーバーフェストではグラスにデポジットが付くことです。どういうことかというと、グラスは「あげる」ではなく「貸す」なんですね。だから最初の一杯購入時に大体1000円くらい多めにお金がかかります。これは、最後にグラスを購入店に返却することで帰ってくるのですが、もし無くしたり割ったりしてしまうと、デポジット料金が返ってこなくなってしまいます。なので絶対にグラスをなくしたり、割ったりしないように気を付けてください。先ほど紹介したマスグラスなどではデポジットに2000円かかったりすることもあるので。。。

 

他にもオクトーバーフェストではステージが用意されていて、Y.M.C.Aなどを生で演奏していたりと、会場によってさまざまな楽しみ方があります。

ちなみに東京だと今年は日比谷公園・駒沢公園・お台場などで開催されているので、ぜひ足を運んでみてください。

帰社会について

皆さん。こんにちは。営業の金澤です。
 

本日は弊社の帰社会についてお話したいと思います。
帰社会とは毎月1度、全社員が集まり、「会社の方針」「採用活動」「自社開発」、その他諸々のことに関して皆で話し合っていく会議のことです。
現場に出ているエンジニアのみんなと顔を合わせる事ができる機会なので、営業部の私自身、非常に重要な機会と思っています。
また、それぞれの現場の状況等聞かせてもらえるので、とても有意義な時間です。
 

会議を約2時間ほど行いましたら、そのあとは飲み会です。
基本、弊社は皆仲良しなのですごく楽しい飲み会です。
 

DSC_0076
 

みんな若くて活気があり、成長が楽しみですね!
本日は【帰社会】についてお話させて頂きました。
 

次回も宜しくお願い致します。

eスポーツってご存知ですか?

おざまっす。らりあんです。

前回に引き続きお酒のことを書きたいのはやまやまなんですが、ちょっと今回は別の話を書かせてもらいます。

 

まぁタイトルの通りなんですけどみなさんeスポーツって知ってますか?
最近テレビでも取り上げられたりで聞いたことあるって人もいるかと思うんですが、簡単に言うとエレクトロニック・スポーツの略でコンピューターゲームのスポーツって感じですね。
日本ではあまりメジャーではないのですが海外だと賞金が億を超えるような大会とかもあったりして、職業としてしっかりプロゲーマーをやってる人なんかもいるわけですよ。
なぜ急にこんな話をするんだと思った方もいると思うんですが、実は昨日、日本で「League of Legends」というゲームの日本地区決勝戦があったんですよ。

 

で、それに自分も行ったってお話なんですね。
League of Legends」というゲームは今全世界で一番アクティブユーザが多いゲームで大会の賞金も約2億6千万もでる、今最も人気のあるネットゲームです。

ゲームの説明を長々書くのはきっといろいろなところでやられてると思うので、今回はその大会の運営に関して少し思ったことを書きたいなと思います。

 

今回行われた決勝戦は国立代々木競技場第二体育館にて行われました。

キャパとしては4500人ほどだったそうです。写真では空いてる席もありますが、開始時には満席になるほどの人気でした。

gkhkcfmminolihcf
最初はゲームの大会を見るって、盛り上がるのかなーとか思ってたんですけど、まぁ盛り上がる盛り上がる。

数時間にわたるライブだったのですが、飽きることなく最後まで楽しめました。
ただここで一つ文句を言いたい。

e”スポーツ”じゃないですか?スポーツと言ったらあれが必要でしょって物が足りてないんですよ….

 

 

そうっす、酒とジャンクフードっす。

 

会場にドリンクフードの持ち込みは禁止されていて、会場内にある売店にもソフトドリンクしか売っておらず、試合を見ているときはひたすらジュースをすするしかすることがないんですよね。

たったり踊ったりするようなライブじゃないんだから、そこはお酒やら食べ物やらを許してほしかった。

前述したようにすごく楽しい大会だったんですよ。ただかなり時間も長いからせめてこの二つは許可してほしかった。

今後大会の規模が大きくなるにつれて会場もどんどん大きくなっていったときにお酒の開放があることを願ってます。だってスポーツ観戦だもん
このブログが運営に届いて、『ああ、お酒か…』ってなったらなーって思います。
今日はこの辺で。あとみなさん、今このゲームすごく熱いんでぜひゲームが好きな人は触ってみてください!基本無料ですよ!宣伝じゃないですよ!

心機一転の春

皆様ごきげんよう。四月に入社するNORIKOです。
今回初めての投稿です!よろしくお願いします!!
 
近頃、急に暑くなったり寒くなったりを繰り返しながらも徐々に春の訪れを感じる季節となりました。気候だけではなく出会いや別れのシーズンでもある春。
私事ではありますが先日大学を無事に卒業しました!
そこで、私の大学生活を少し振り返ってみようと思います。
 
大学受験で大敗し、肩を落としながら大学の正門をくぐった四年前。英文科としての授業は比較的簡単で物足りなさを感じることが多々あり、気がついたら二年という月日が経過。
その間カフェでアルバイトをしたり、ストリートダンスサークルに入ったりもしました!
一通り大学生らしいことはしたと思います☆
 
そんな私の転機となったのはイギリスへの留学でした。
見知らぬ土地、人々、おぼつかない英語と共に過ごした半年間はとても刺激的で、今まで日本の小さなコミュニティのなかで生きていた自分がとてもちっぽけに思えました。
もっとワールドワイドに生きたい!!!
と思ったのです。
その後、自ら様々なコミュニティの人たちと交流を持つことで英語だけに限らずポルトガル語やスペイン語を勉強する機会が出来たりもしました。
ちなみに、大学時代は第二外国語としてフランス語も履修していました!こうしてみると私は言語を学ぶことがとても好きなんですよね。
 
それから、初めてのカトリック系の学校だったので四年間キリスト教を学びました。たまに教会に足を運ぶようにもなりました。
いつも私の味方でいてくれる友人も出来て、どんなときも温かく見守ってくださる先生方。何度も辞めたいと思っていた大学生活でしたが、いざ卒業してみると何もかもが素敵な思い出です。
終わり良ければすべて良しですね!
 
ところで、私の夢は海外で暮らすことです。その夢に一歩でも近づくために気を引き締め直し、新しいコミュニティであるOplanと共に私自身成長していかねばという所存でございます。
心機一転の春、NORIKO頑張ります!!!
 
まだまだ未熟者ではありますが、皆様どうぞよろしくお願いします!!!